KTM 390デューク[新型バイクカタログ]:スモールながらエキス濃厚

390デューク

※情報更新日:2022年8月10日

390デューク 概要

アンダー400で、車体を共有化するスモールデュークの長兄。1290譲りのLEDマスクに、44psシングルと軽量な車体による走りなどKTMらしさ満点だ。カラー液晶やスライドを許容するスーパーモトモードもポイント。’22では価格を変更したほか、KTM MY RIDEが非装着となった。

’22 390デューク

KTM 390デューク

【’22 KTM 390 DUKE】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 373cc 44ps/9000rpm 3.7kg-m/7000rpm ■約153kg(半乾) シート高830mm 約13.4L ■タイヤサイズF=110/70ZR17 R=150/60ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)(オプション) ●色:ブラック×ホワイト ブラック×オレンジ ●価格:73万5000円(’21は72万9000円) [写真タップで拡大]

KTM 390デューク

カラーバリエーションはブラック×オレンジ/ブラック×ホワイトの2色展開。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

KTMに関連する記事

パラツインで270°クランクが占めるなか、KTMは75°のオリジナリティ継承にこだわる890 DUKEに GP を発売

MotoGPマシンRC16由来のカラーリングにオリジナルシートカウルを装備したRを新発売 Ready to RaceをスローガンとするKTMから、890 DUKEにMotoGPマシンRC16由来のカラーリングと、新しいパッセンジャーシートカバー、オレンジのホイールを特徴とするGPが加わった。 116PSを発揮する軽量コンパクトなLC8cパラレルツインエンジンは、トップエンドモデルが搭載する75°V […]

KTM 890 DUKE GPが登場【MotoGPマシン由来のデザインと先進装備が魅力のミドルネイキッド!】

KTMのデュークシリーズに、グランプリマシン由来のデザインやカラーをまとったKTM 890 DUKE GPが登場! 2020年に登場した排気量889ccの水冷並列2気筒エンジンを搭載するネイキッドモデルの最新型をチェック! 2022年モデルのデュークシリーズに新星登場 街乗りはもちろん、ときにはサーキット走行を楽しみたいアクティブなライダーに人気のKTM 890 DUKEシリーズ。排気量889cc […]

フルオート調整の次世代電制サスを搭載!【KTM 1290スーパーデュークRエヴォ】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、KTMの1290スーパーデュークRエヴォを取り上げる。 KTM 1290スーパーデュークRエヴォ 試乗ショートインプレッション KTMのネイキッドモデルの頂点に位 […]

KTM [’22後期新型バイクカタログ]:中免SSの2モデルがフルチェン上陸! 武闘派オフは新グラフィックに

READY TO RACEを掲げるオーストリアブランド オーストリア発のブランド、KTM。その原点はオフにあり、’53年の創業から注力してきた。ラインナップもアドベンチャー/オフロード系が多数だが、MotoGPでの活躍などレース活動を含めて、オンロードでも広く支持を獲得している。 また現在は、スウェーデン発のハスクバーナ、スペイン発のガスガスという2ブランドをその傘下に収めている。 ス […]

KTM RC390試乗インプレ【振り切ったスポーツ性に興奮! 250〜400ccクラスでもっとも本格的なスーパースポーツ!】

KTMのRC390が2013年の登場以来、初の大型リニューアルを実施。各部を大幅に軽量化し、KTMのMotoGPマシンであるRC16をオマージュしたスタイルが魅力。その重量は国産250cc並みで、電子制御や足まわりも本格装備のライトウエイト・スーパースポーツだ! 軽量化を徹底した373ccスポーツシングル 250〜400ccクラスでいちばん本格的なスポーツバイク。それが新しくなったKTMのRC39 […]

KTM RC125[新型バイクカタログ]:秀逸な390の車体を踏襲! ガチンコの原2SSだ

RC125 概要 RC390のスケールダウン版も’22でフルチェンジ。デューク125系のパワフルな15psの水冷シングルを新型390譲りのシャーシに搭載する。390と違い、WP前後APEXショックの調整機構やトラコンなどの電脳が省略されるが、基本性能は抜群。カラー液晶も採用する。 車体色は390と差別化され、橙×白、黒×橙の2カラーを用意。従来型は国内入荷がストップしていたが、導入が再 […]

【MotoGPはブレーキディスクカバーもセッティングパーツ】冷やしたい!温度をキープしたい!だけでなくコントロール性も変わる?

近年のMotoGPで見た目にわかりやすい進化はエアロダイナミクスだけ。MIGLIOREでは度々その形状や進化に触れてきたが、今回はフロントディスクブレーキのカバーに注目してみよう。 カーボンディスクは温度管理がシビア。 ウエットでは冷やしたくない? 2022年のMotoGPは前半戦を終了。ファクトリー勢のマシンがまとまってくるなど、例年通りの流れで進んでいる。MIGLIOREではMotoGPマシン […]

海外メーカーの搭載車種と機能を一挙紹介:後編【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能をチェック。ここではトライアンフ、KTMやハーレーなどの海外メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【TRIU […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース