インディアン ロードマスターシリーズ[新型バイクカタログ]:ゴージャスに優雅に大陸横断

'21 ロードマスターシリーズ

ロードマスターシリーズ 概要

創業1901年、米国最古のブランドによる旗艦ツアラーが本作だ。走行モードが選べる1890ccのサンダーストローク116やフルパニア、アップルカープレイ付きの7インチカラー液晶など装備は豪華絢爛。’21では最上級のエリートに替わり、リミテッドが登場。シートの冷暖調節機能や可動式ロアーカウルを誇る。

’21 ロードマスターダークホース

'21 インディアン ロードマスターダークホース|サンダーブラックスモーク

【’21 INDIAN ROADMASTER DARK HORSE】■空冷4ストV型2気筒OHV2バルブ 1890cc 17.4kg-m/3000rpm ■車重403kg(燃料タンク満タン時) シート高673mm 20.8L ■タイヤサイズF=130/60B19 R=180/60B16 ■ブルートゥース ●色:サンダーブラックスモーク ホワイトスモーク ブロンズスモーク ●価格:426万1000円~ [写真タップで拡大]

'21 インディアン ロードマスターダークホース|ホワイトスモーク
'21 インディアン ロードマスターダークホース|ブロンズスモーク

カラーバリエーションはブラック/ホワイト/ブロンズの3色展開。 [写真タップで拡大]

’21 ロードマスター

'21 インディアン ロードマスター|サンダーブラックパール

【’21 INDIAN ROADMASTER】■車重412kg シート高673.1mm ■タイヤサイズF=130/60B17 R=180/60B16 ●色:サンダーブラックパール マルーンメタリック×クリムソンメタリック アルミナジェイド×サンダーブラック ブラックアズールクリスタル×ステルスグレーアズールクリスタル アリゾナターコイズ×パールホワイト ブルースレートスモーク×サンダーブラックスモーク ●価格:433万1000円~ [写真タップで拡大]

'21 インディアン ロードマスター|マルーンメタリック×クリムソンメタリック
'21 インディアン ロードマスター|アルミナジェイド×サンダーブラック

[写真タップで拡大]

'21 インディアン ロードマスター|ブラックアズールクリスタル×ステルスグレーアズールクリスタル
'21 インディアン ロードマスター|アリゾナターコイズ×パールホワイト

[写真タップで拡大]

'21 インディアン ロードマスター|ブルースレートスモーク×サンダーブラックスモーク
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブラック/レッド/シルバー/グレー/ターコイズ/ブルーの6色展開。

’21 ロードマスターリミテッド

'21 インディアン ロードマスターリミテッド|サンダーブラックアズールクリスタル

【’21 INDIAN ROADMASTER LIMITED】 ■車重412kg シート高673.1mm ■タイヤサイズF=130/60B19 R=180/60B16 ●色:サンダーブラックアズールクリスタル クリムゾンメタリック ●価格:441万1000円~ [写真タップで拡大]

'21 インディアン ロードマスターリミテッド|クリムゾンメタリック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブラック/レッドの2色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

インディアンに関連する記事

インディアン新型バイク総まとめ【看板モデルが’21でフルチェンジ】

クルーザーが得意なアメリカ最古のブランド 創業したのは1901年。米国で最古の歴史を持つ、インディアン(INDIAN)。1906年には、最初のVツインファクトリーレースバイクを製造。スカウトやチーフといったモデルを生み出していった。 現在の国内向けラインナップは大陸らしい、どっしりとしたクルーザーが主軸。伝統の空冷Vツインのほか水冷Vツインも採用している。 ’21では同社の歴史的な看板 […]

インディアン チーフ ダークホース試乗インプレッション【デビューから100年。まったく新しく設計されたチーフ】

初代生誕100周年という記念すべき年にフルモデルチェンジし、’22年モデルとして日本に上陸したインディアンのパフォーマンスクルーザー・新型チーフ。同時に登場したバリエーション3機種のうち、最もミニマルな装備の「チーフダークホース」に試乗した。 とことん無駄を削ぎ落とした美しいスポーツクルーザー ここまで”無駄を削ぎ落とした”というフレーズが似合うバイクもないだろう。走るために必要な最小 […]

’21インディアン FTRカーボン試乗ショートインプレ【カーボンを纏った最上級モデル】

フラットトラックレーサー由来のフロント19インチホイールの車体に、12.0kg-m/5900rpmという強烈トルクを発生させる1203cc水冷エンジンを搭載。加えて853mmのシート高に大柄な車体と、個性の塊のようなコンポーネントだが、走行フィーリングも見た目どおり強烈でパワフル&マッシブ。最上位機種のFTRカーボンは、カーボン外装はもちろん、フレーム塗装など上級仕様にふさわしいスペシャルな装いだ […]

インディアン2021新車バイクラインナップ〈FTR1200/ロードマスターetc.〉

FTR1200シリーズ FTR1200/S/カーボン/ラリー:レーサー譲りの豪快トラッカー 米国フラットトラック選手権で活躍するFTR750で培った技術を注入した「FTR」シリーズ。心臓部はスカウトの水冷Vツインを基盤に3mmボアアップし、トラスフレームに積む。’20年6月に、カーボン外装+シングルシートを奢った最上級版「カーボン」が登場。ラリー仕様も選べる。 ツーリングモデル ロード […]

【試乗】アメリカン=クルーザー=ハーレー。そこにインディアンFTR1200シリーズが新風を吹き込む

アメリカのバイク=クルーザー=ハーレーダビッドソン。この図式は間違っていないし、これから先もずっと続くに違いない。しかし、約2年前に突然現れたインディアンのFTR1200の存在を忘れてはいけない。 アメ車感? トラディショナルスポーツ? アメリカンスポーツ――。僕の中でのインディアン のFTR1200シリーズのカテゴリーだ。カテゴリーと言いつつも今のところ市販車で当てはまるのはFTR1200シリー […]

アメリカン・スポーツの新しい潮流! インディアンFTRのワイルドさを見よ

日本では馴染みのない大排気量ダートトラッカーだが、映像や写真で見られる、大きく逆ハンを切るシーンの野性味には誰でも惹きつけられる。インディアン「FTR Carbon」は、そんなイメージをストリートバイクに持ち込んだ。 アメリカ最古のメーカーが、ワイルドな感性のスポーツ性で甦る インディアンのルーツを辿れば1901年。アメリカ最古のメーカーだ。ライバルのハーレーも長い歴史の中で大きく浮き沈みしてきた […]

’20モデル スペックベストテン〈車体寸法編〉【全長の差なんと1m以上!】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 全長ベストテン【その差は1メートル以上!】 車体寸法でまず重要なのが全長。車体の先端~後端の長さを計り、多くは前輪またはフロントフェンダーから、リヤフェンダーまでの距離となる。これだけでバイクの大まかな寸法を知ることが可能だ。 長い方のランキングでは、ロング […]

’20モデル スペックベストテン〈車量編〉【最重431-最軽70=その差361kg!】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)の装備重量を比較。 大陸横断系クルーザーと楽々スクーターが上位独占 「重い」と「軽い」1位の差は実に361kg。とても同じ乗り物とは思えないほど、“バイク”というジャンルはバリエーションに富むことを端的に表している。乗ってみれば、インディアン ロードマスターエリートは重厚感溢れる […]

’20モデル スペックベストテン〈排気量編〉【1.7L超の豪快野郎達が集結】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 そこにシビれる憧れるゥ! 1.7L超の猛者が集結 排気量とは「1サイクルで燃焼できる混合気の量」のこと。量が大きいほど爆発のエネルギーが大きくなり、前述のようにトルクや馬力を高められる。排気量は「シリンダー内径(ボア)の半径×2×円周率×行程(ストローク)×気筒数」で計 […]

’20モデル スペックベストテン〈トルク編〉【極太ビッグクルーザーが勢揃い】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 極太の力で優雅に流すビッグクルーザーが勢揃い 持続的なパワーを示す馬力に対し、「1回転毎の力強さ」を表わすトルク。イメージとしては“タイヤが瞬時に車体を押し出す力”と言える。実用域での力強さは最高出力より最大トルクで比較可能だ。 さらにトルクは、排気量と大きな関係アリ。 […]

’20新車バイク総覧〈大型クルーザー|インディアン〉新型チャレンジャーetc.

リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる直進安定性を誇り、悠々と旅ができるクルーザーモデル。アメリカで最初にVツインを作ったことで知られる老舗メーカー・インディアンのクルーザーモデルは、一見するとハーレーと似たように見えるが、見ると乗るとでは歴然とした差が。こちらはスポーティな走りがウリだ。〈ラインナップ〉チャレンジャー/ダークホース/リミテッド|スカウト ボバー/トゥエンティ|スカウト […]

’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|外国車#5/5〉BMW ハスクバーナ他

基本構成は現代的ながら、「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観を持つモデル群。BMW、ハスクバーナ、ファンティック、インディアンもそれぞれの個性を余す所なく発揮している。〈ラインナップ〉BMW R ナインT シリーズ|ハスクバーナ スヴァルトピレン701/ヴィットピレン 701|ファンティック キャバレロシリーズ|インディアン FTR1200シリーズ BMW R ナインTシリーズ:バリエーショ […]

エキサイティングな走りのハイパフォーマンス・モダンバガー!!【インディアン チャレンジャー試乗レポート】

アメリカ最大のパワースポーツ・インダストリーのポラリス社が手がける「Indian motorcycle(インディアンモーターサイクル)」。昨秋には日本法人「ポラリスジャパン」も設立され、世界的に急伸してきた販売台数をここ日本でも増幅しようと販売網を整えつつある。ラインナップも充実する一方で、エンジン・フレーム完全新作のニューモデル「CHALLENGER(チャレンジャー)」が上陸。ハーレー専門誌「ウ […]

紳士的にゆったりも、アツイ走りもお任せ! 欲張りな要望に応える【INDIAN SCOUT(インディアン スカウト)100thアニバーサリーエディション試乗レポート】

アメリカでもっとも歴史のあるモーターサイクルメーカー「Indian motorcycle(インディアンモーターサイクル)」の主軸モデル「SCOUT(スカウト)」。初代誕生からナント100年! そのアニバーサリーモデルが世界限定750台で発売されている。ハーレー専門誌「ウィズハーレー」編集長で、クルーザーに造詣の深い青木タカオが乗ってみた。 二面性あるエンジンが飽きさせない! 創業1901年、アメリ […]

インディアン FTR1200S試乗インプレッション【オールラウンドなVツインスポーツ】

’17/18年の全米フラットトラック選手権で圧勝を飾ったインディアン。そのワークスレーサー・FTR750のノウハウを投入して生まれたのが、FTR1200/Sだ。 (◯)優しい操安性と絶妙なトラクション ’11年から現体制での活動を開始したインディアンにとって、今年から発売が始まるFTR1200は、初の公道用スポーツバイクである。そしてこの車両には、’17/18年の全米フラットトラック選手権で、ハー […]

2019新車走評:米国大型クルーザー編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #12]

「俺たち、国土広くて直線メインだから、ワインディングとかあんまり関係ないし」そんな思いが見え隠れしていた本場アメリカのクルーザー界。しかし、そんな時代が変わろうとしている。伝統のスタイルを受け継ぎつつも、マジメにハンドリングを追求したモデルたちが続々と登場しているのだ。これまでレースにしかいなかったコーナー攻め攻めのハーレーなんて、ちょっと前まで予想外! 王者ハーレーもうかうかしてられない クルー […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報