アプリリア トゥオーノ660/ファクトリー[新型バイクカタログ]:よりキレ味鋭いファイター版

'21 アプリリア トゥオーノ660

トゥオーノ660/ファクトリー 概要

軽量なRS660をベースに、小型化したカウルとアップハンドルを与えたファイター仕様。270度クランク並列2気筒はベース車から5ps減としながら低中速トルクを太らせ、5つの走行モードや数々の電脳を踏襲する。カヤバ製フル調整式Φ41mm倒立+ブレンボ製ラジアルキャリパーの足まわりもRS譲り。さらにネイキッドながらダクトウイングも健在だ。

’22では価格を変更。また海外ではSTDから5ps増とし、2kg減を達成したファクトリーを設定。サスはフル調整式となり、6軸IMUも追加される。

’22 トゥオーノ660ファクトリー[海外仕様]

トゥオーノ660ファクトリー

【’22 APRILIA TUONO660 FACTORY】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 659cc 101ps/10500rpm 6.83kg-m/8500rpm ■181kg シート高820mm 15L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース(オプション) ●色:ファクトリーダーク ※諸元は海外仕様 [写真タップで拡大]

’22 トゥオーノ660

アプリリア トゥオーノ660|コンセプトブラック

【’22 APRILIA TUONO660】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 659cc 96ps/10500rpm 6.83kg-m/8500rpm ■183kg シート高820mm 15L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース(オプション) ●色:コンセプトブラック イリジウムグレー アシッドゴールド ●価格:134万2000円(’21は130万9000円) [写真タップで拡大]

アプリリア トゥオーノ660|イリジウムグレー
アプリリア トゥオーノ660|アシッドゴールド

カラーバリエーションはブラック/グレー/ゴールドの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

アプリリアに関連する記事

【MotoGPはブレーキディスクカバーもセッティングパーツ】冷やしたい!温度をキープしたい!だけでなくコントロール性も変わる?

近年のMotoGPで見た目にわかりやすい進化はエアロダイナミクスだけ。MIGLIOREでは度々その形状や進化に触れてきたが、今回はフロントディスクブレーキのカバーに注目してみよう。 カーボンディスクは温度管理がシビア。 ウエットでは冷やしたくない? 2022年のMotoGPは前半戦を終了。ファクトリー勢のマシンがまとまってくるなど、例年通りの流れで進んでいる。MIGLIOREではMotoGPマシン […]

海外メーカーの搭載車種と機能を一挙紹介:後編【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能をチェック。ここではトライアンフ、KTMやハーレーなどの海外メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【TRIU […]

2022 MotoGPの1/3が終了。全表彰台を並べてみた【ドゥカティが8台の勢力を誇る一方で、スズキが撤退⁉︎】

2022年シーズン、MotoGPの1/3が終了した。レースウィーク直前にはスズキが「今シーズン限りで撤退する可能性をMotoGP主催者のドルナと協議中」と発表し、激震が走った。フランスGPが終了した時点での勢力図を振り返りたい。 日本メーカーはいつになったら勝てるんだろう。そんな不安が続いた前半戦 2022年シーズンは、全21戦で開催。21年は新型コロナウイルスの影響で中止になったグランプリが6戦 […]

各メーカーのカウリング形状を同アングルで比較【F1化が進む!? MotoGPマシンのエアロダイナミクス】

世界最高峰のレースであるMotoGP。その戦いの中で、毎年形状が進化しているのがカウリングのエアロパーツである。各メーカー様々な形状を試行錯誤。当然、エアロパーツをたくさん装着して大きくすればハンドリングに重さが出るが、エアロパーツがないとウィリーしやすく高速域で安定しないバイクになってしまう。今回は2022年シーズンの1/3が経過しようとする第6戦スペインGPでその形状を比べてみた。 ウイングか […]

丸山浩の新型ヤマハYZF-R7インプレ総括【vsライバル徹底比較:RS660/CBR650R/ニンジャ650】

ヤマハ入魂の新生YZF-R7はMT-07をベースとしたミドルクラスの並列2気筒フルカウルスーパースポーツ。今回の特集では同じ排気量帯のライバル車(RS660/CBR650R/ニンジャ650)と、峠道走行を中心に徹底試乗比較を行なった。最後に全体総括として総合評価スコアを発表する。 ハードルは高くないが本格派の要素が詰まったYZF-R7を評価したい! アルミ製フレームに4気筒エンジンを搭載したスーパ […]

丸山浩の新型ヤマハYZF-R7街乗りインプレ【vsライバル徹底比較#5:RS660/CBR650R/ニンジャ650】

ヤマハ入魂の新生YZF-R7はMT-07をベースとしたミドルクラスの並列2気筒フルカウルスーパースポーツ。同じ排気量帯のライバル車(RS660/CBR650R/ニンジャ650)と、峠道走行を中心に徹底試乗比較を行なった今回の特集、本記事では峠道の前後にまず避けられない”街乗り”についてレポート。ここでどれぐらい疲労や不満を低減できるかが、いざワインディングに臨む際の楽しさに […]

丸山浩の新型ヤマハYZF-R7高速走行インプレ【vsライバル徹底比較#4:RS660/CBR650R/ニンジャ650】

ヤマハ入魂の新生YZF-R7は、MT-07をベースとしたミドルクラスの並列2気筒フルカウルスーパースポーツ。今回のライバル対決特集における主戦場はワインディングながら、峠道にたどり着くまでのルートに高速道路が含まれることも少なくない。というわけで、各車の高速道路における短中距離の走行性能や快適性をチェックした。 レーシーなライディングポジションだが、意外にもYZF-R7が優れた快適性を発揮! 都市 […]

32歳、200戦目の歓喜! グランプリ初優勝のA・エスパルガロがアプリリアにMotoGP最高峰クラス初勝利をもたらす【アルゼンチンGP】

2022年のMotoGP・第3戦のアルゼンチンGPは全クラスとても感動的なレースが展開された。全クラスラスト数周はテレビの前で立ち上がってしまったほど……。特にMotoGPではアプリリアがMotoGPクラスで初優勝、ライダーのアレイシ・エスパルガロもMotoGPプレミアクラス200戦目、グランプリでもキャリアを通じて284戦目で初優勝という劇的な展開だったのだ。 全クラス感動的なレースが展開された […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース