2ストも4ストも!|モーサイ

エルシノアやTYが登場! 70年代「ナナハン」ブームの後に来た、高性能オフロード車の時代

●レポート: 中村友彦 ●編集: モーサイ編集部(上野)

エルシノアやTYなどオフロードバイクの名車が続々登場した時代

1960年代末から大排気量大型車で世界の2輪業界をけん引する立場になった日本勢だが、オンロードスポーツ車に続き新たに力を入れ始めたのがオフロードの分野である。

もっとも1969年にヤマハがDT-1/AT-1を発売して以来、日本のオフロード車は急速な進化を遂げていたのだが、その進化に拍車をかけたのが、ホンダが四半世紀ぶりに新規開発した2ストローク車、1972年型/1973年型エルシノアだった。

また1973年は日本の「トライアル元年」とも言える年で、ホンダはバイアルスTL125、ヤマハはTY250を発売。

この2台で画期的だったのは、バイアルTL125にサミー・ミラー、TY250にミック・アンドリュースと、開発に関与したトライアル選手の名前をPRの前面に押し出したこと。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース