第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

SCRAMBLER 1962~model×RIDE HI

スクランブラー・デザインは不滅!?【このバイクに注目】


●記事提供: ライドハイ編集部

‘60年代に英国製スポーツで流行ったスクランブラーにホンダが真っ向から本格挑戦

’50年代末期から’60年代はじめにかけて、アメリカ向けの英国スポーツバイクは、こぞってセンターアップ・マフラーを装着したモデルをラインナップに加えた。

400~500のシングル、500~650のバーチカルツインを、オフロードで遊ぶシーンが流行り、メーカーもマフラーが地面と擦らないようシート下へたくし上げた配置と、前輪に後輪と同じブロックパターンのタイヤを履いたり、ハンドルがジャンプの衝撃で曲がらないよう左右をブリッジで結び、フロントフォークを泥や跳ね石から守る蛇腹のラバーブーツを装備する一連のスタイルが確立された。

この英国勢に挑戦を開始した日本製250スポーツにも、早くからこのセンターアップ・マフラーのバリエーションが加えられていた。

250ccでも650ccクラスのトップスピード100マイルが可能で、手ごろな価格をセールスキャッチに日本製250スポーツの先陣を切ったホンダCB72に、1962年にはCL72という、オフロードを意識したモデルをデビューさせたのだ。

CB72からセルモーターを外し、英国勢と同じく排気系を左側のセンター部分へ2本を束ね、燃料タンクを小容量化、前後19インチと大径化してフロントフォークにラバーブーツ、そして何とフレームもCB72のダイアモンド型式ではなく、ダウンチューブとエンジンガードのあるシングルクレードルとビッグバイクにひけをとらない本格装備を徹底。

それだけに、いま見ても全く旧さを感じさせないカッコよさを放っている。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース