チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

LEDの明るさを知ろう|モーサイ

【Q&A】ルーメン、カンデラ、ルクスにケルビン「光の単位って何が違うの?」

●レポート: 山本晋也 ●写真: モーサイ編集部 ●編集: モーサイ編集部(中牟田歩実)

W(ワット)だけでは分からないLEDライトの明るさ

クルマやバイクのヘッドライト、はたまたアウトドアで使う懐中電灯などの明るさの基準は、かつてはW(ワット)数を見れば十分でした。ハロゲンや白熱灯ではWが大きいほど明るいという単純な理解でよかったのです。

LEDが主流の昨今は違います。そもそも消費電力が小さくて済むのがLEDの特徴で、W数で明るさをイメージすることはできません。重要なのは、カタログに書かれた光の単位ですが、複数の単位が存在しており、なにがなんだかわからないという方も少なくないのでは?

ここでは、LEDヘッドライトやLEDランタンなどのカタログなどで使われる4つの光の単位「ルーメン」、「カンデラ」、「ルクス」、「ケルビン」について整理してみましょう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム目標額の250%を突破! フレディ・スペンサーの自叙伝「FEEL My Story」クラファンで日本語版を発売
WEBヤングマシン|新車バイクニュース