全日本ロードレース第6戦 岡山国際サーキット

【公式レポート】中須賀が勝ちパターンに持ち込み今季負けなしの8勝目!

2021年9月4日・5日に開催された2021年MFJ全日本ロードレース選手権第6戦 スーパーバイクレース in 岡山。日曜日に開催された文部科学大臣杯 JSB1000クラス決勝では、第5戦ですでに10回目のタイトルを決めている中須賀克行選手が強さを見せつけた。

ポールポジションスタートから2周目には最速ラップもマーク

24周で争われるレースのホールショットを奪ったのは、前戦MFJグランプリ鈴鹿での転倒・負傷から復帰した亀井雄大。そして清成龍一、ポールシッター中須賀克行が続くが、アトウッドカーブでは、中須賀が亀井をパスして2番手に浮上し、トップ清成の背後に迫る。

オープニングラップは、清成、中須賀、亀井、加賀山就臣、名越哲平、岩田悟、濱原颯道のオーダー。そして2周目のヘアピンコーナーでは名越が加賀山をパスして4番手に上がる。

この2周目に最速ラップをマークしたのは中須賀で、タイムは1分31秒618。首位の清成のラップタイムは1分31秒662で2人のタイム差は僅かだったが、3番手の亀井のラップタイムは1分33秒280で、ここで一気に清成と中須賀が後続を引き離す形となった。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報