11月に延期が発表されていたが……

F1日本GPと鈴鹿8耐が相次いで中止に! 日本GPも含め2年連続でメジャーレースが観戦できず……

モビリティランドは、2021年11月5日~7日に開催予定だった「2021 FIM世界耐久選手権“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」について本年度の開催を中止すると発表した。

これまで開催に向けて準備を進めてきたというが、国内チームと海外チームが混在するため防疫のための活動単位(バブル)運用が困難であることや、現段階で海外関係者の日本入国が見込めない状況を受け、やむなく開催中止の決断に至ったという。

なお、FIMの発表によれば、当初5月に開催される予定だったオシャースレーベン8時間レースに代替する形で、『8 Hours of Most 2021』が10月9日(土)にチェコ共和国でWTCRレース(四輪)とのダブルヘッダーで開催されることになった。

世界耐久選手権の2021年シリーズは7月18日に開催された第2戦エストリル12時間レースを終え、次戦は9月18日のボルドール24時間。その次の『8 Hours of Most 2021』は最終戦の扱いになる。

なお、モビリティランドは鈴鹿8耐の開催中止を発表する前日の8月18日に、2021年10月8日~10日に予定されていた「2021 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース」の開催中止も発表している。

MotoGPの日本グランプリ中止なども併せて、ファンには残念は発表が続いているものの、現在のコロナ禍の情勢を鑑みれば致し方のないところ。辛抱強く2022年を待ちたい。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報