ワイドタイヤ&スポーティなライポジ採用

〈速報〉ホンダ ハイネスCB350に新グレード【モダン&スポーティな“RS”爆誕!】

新開発の空冷350cc単気筒を搭載し、昨年9月からインドで販売されているホンダ ハイネスCB350に、モダンかつスポーティな「CB350RS」が登場! 以前から予告されていた追加グレードの詳細が明らかになった。日本への導入も期待が高まるが、まずはインドで発表されたその姿を速報でお伝えしよう。

↓↓詳報です↓↓

スポーティかつモダンなデザインに

以前からティーザー広告で告知されていたとおり、ホンダのインド現地法人はハイネスCB350の追加グレードとなる「RS」を2月16日に発表した。見ての通り、無印のCB350に対してモダンかつスポーティな仕上げが特徴で、クロームメッキの前後フェンダーはスポーティなデザインに変更され、シートやサイドカバーもデザインを変更。前後タイヤもよりワイド化されたものを装着する。アンダーガードや跳ね上がったマフラーもスポーティだ。シートにめり込むように配されたテールランプなど、細部の意匠もより現代的に変更されている。ライディングポジションもより前傾となり、ステップも後ろに引かれている。

’20年9月にハイネスCB350が発表された際に「近々、さらなる驚きがある」と追加グレードが予告されていたこともあり、すわスクランブラーかカフェレーサーかと様々な憶測を呼んでいたが、まずはモダンロードスターとでもいうべき仕様が追加されることとなった。

ヤングマシンでは以前より、ハイネスCB350は日本にも導入されると予測しており、その際には車名が懐かしの「GB」になりそう…、ということもレポート済みだ。仮にそうなれば、このCB350RSも日本に導入される可能性は高いだろう。超ロングストロークシングルの快活な鼓動感を、よりスポーティな足回りで楽しめる「RS」。こいつは非常に楽しみだ!

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]

ホンダ CB350RS

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報