Honda H’ness CB350×ライドハイ

SR400とエストレヤのいいとこ取り!? 単気筒フリークがハイネスCB350の国内発売を待ちわびるワケ

●文:ライドハイ編集部(小川勤) ●写真提供:Honda Big Wing India

ヤマハ「SR400/500」に27年間乗り続け、カワサキ「エストレヤ」の鼓動感も大好きだというライドハイの小川編集長。クランクやピストンを交換して様々なボア×ストロークを試してきたという小川さんが、超ロングストロークエンジン搭載の「ハイネスCB350」に対する期待感を語る。

ビッグシングルはなかなか流行らないけれど……

僕の愛車はヤマハSR。今は1978年式と2010年式のインジェクション仕様の2台を所有している。単気筒(シングルエンジン)が大好きで、27年間、SRに乗り続けてきた。過去にはSRで2VS(2バルブシングル)レーサーを制作したり、公道もサーキットもひたすらSR。何台買ったか覚えていないし、エンジンも何度組み直したか覚えていないほど様々なチューニングをしてきた。

単気筒エンジンを搭載したスポーツモデルであるヤマハ「SRX400/600」やホンダ「GB400/500」、スズキ「グース250/350」といったバイクが一瞬輝いた時期はあるが、今は絶版。現在、普通に新車で買えるビッグシングルはハスクバーナのビットピレンとスヴァルトピレンだけだ。

SRにもファイナルエディションの噂が囁かれるようになり、ついにモダンシングルが消える……そんな危機を感じていたところにホンダがやってくれた。それがハイネスCB350だ。

排気量的にはビッグシングルではない。でも、そのスペックを見てからワクワクする気持ちが止まらないのだ。このスペックを採用したホンダは凄い! 本当にそう思う。

そう、単気筒にはパワーやトルクの数値では語れない魅力がある。その「超ロングストローク」な乗り味を想像してみると――。

→全文を読む|写真×3点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報