予告のバリエーションモデルの1台

【Scoop!】ホンダ「ハイネスCB350」にはスクランブラー仕様がある! ハイネス発売から即投入か

インドでホンダが発表した「ハイネスCB350(H’ness CB350)」は日本でも発売が待ち遠しい1台だが、派生モデルの存在も当初から示唆されている。カフェレーサーなども噂に上るなか、本誌は独自情報を掴んだ。「スクランブラー仕様」が投入されるというのだ。

ネオクラシックのお約束、スクランブラー仕様

インドで9月30日に行われたハイネスCB350のオンライン発表会では、「近日中にさらなる驚きがある」というコメントが飛び出し、早くも派生モデルの存在が示唆されていた。巷では様々な噂が飛び交うが、本誌独自情報によると「スクランブラー仕様」が最も早く投入される模様だ。

ホンダ ハイネスCB350

2020年9月30日に発表された「HONDA H’ness CB350 」。こちらはツートーンカラーにHSVCS(ホンダスマートフォンボイスコントロールシステム)を搭載するDLX PROグレード。標準モデルはソリッドの単色となっている。 ●予想国内価格帯:55~60万円 ●予想国内登場時期:2021年春 [写真タップで拡大]

アップマフラーをはじめ、ロングストロークのサスペンション+ブロックパターンタイヤでワイルドなオフロードテイストを演出するスクランブラーは、CB350の派生モデルとしてもピッタリ。しかも小変更でイメージチェンジも図れるので、メーカーとしてもバリエーション展開に躊躇する必要はなさそう。仕様の詳細は不明だが、ホイールがより大径で(希望はフロント21インチ)、ワイヤースポークだとより本格的だ。

ちなみにホンダのスクランブラーと言えば、古くは1966年デビューのCL72にはじまり、’90〜’00年代はCL400(XR400のエンジンをアレンジしたCB400SSと兄弟車)などが有名。こうした名車イメージの投影も可能だろう。

ホンダ CB350スクランブラー

HONDA H’ness CB350 Scrambler[予想CG]●予想国内価格帯:55~60万円 ●予想国内登場時期:2021年夏 ●デビュー可能性:90%(ほぼ発売確実) [写真タップで拡大]

国内におけるCB350スクランブラーの登場時期は、標準モデルのハイネスCB350が導入された直後、「来年夏頃」と本誌は予想する。さらに、その後も派生モデルが続々展開されるだろう。

派生モデルと言ったら真っ先に思いつくのはカフェレーサーだ。なぜならネオクラシックモデルは、まずネイキッドを標準モデルとして投入し、これをベースにスクランブラー、カフェレーサーと展開するのがお約束になっているからだ。

トライアンフ・ストリートツイン、ストリートカップ、ストリートスクランブラー

ストリートツイン、ストリートカップ、ストリートスクランブラーをラインナップするトライアンフなどは好例だ。ドゥカティはスクランブラー出発だったが、カフェレーサーもやはり登場している。 [写真タップで拡大]

ネオクラシックといえばカフェレーサーの可能性もある?

「ホンダ製シングルカフェ」と言えば、往年のGB400TT/500TTシリーズを思い浮かべるオジサマも多いハズ。ノートンに代表される英国の1960年代マン島TTレーサーをモチーフに持つ、ネオクラシックの先駆者だ。セパレートハンドルに加え、500版はシングルシートを採用した本格派。400にのみラインナップされたMkIIは、美麗な大型ロケットカウルが特徴だ。いずれも中古相場が上昇しており、GBオマージュのCB350を待つファンは多いハズだ。もちろんロケットカウル仕様にも期待したい!

「単気筒生命体」のコピーで1985年にデビューしたGB400TT/GB500TT。同年にロケットカウルとシングルシートカウルを備えたMkIIを400に追加した。今なおカッコイイ! [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報