’70sスタイルを完全再現

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場〈前編〉

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場

’20年にはCBR1000RR-RやCT125ハンターカブなどの意欲作を送り出し、勢いに乗るホンダ。’21年も数々のブランニューを放つ。中でも話題騒然なのが空冷単気筒ネオクラシック「ハイネスCB350」。ファイター系全盛の時代に反し、本格的な懐古フォルムと最新デバイスを融合した快作だ。

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:Honda Big Wing India

王族マハラジャのごとき高貴なるオーラの最新CB

ホンダが誇るビッグブランド=CBの名を冠した最新マシンは、アッと驚くネオクラシックモデルだった…。

インドの現地法人がティーザー動画で予告していた’20年9月30日に電撃発表された「ハイネスCB350」は、新開発の348cc空冷単気筒に加え、クラス唯一のトラクションコントロールや音声入力対応のスマートフォン接続機能など現代的なアイテムを投入。世界最大の2輪市場=インドのシェア拡大を見据えた、まさに意欲作である。

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場

【HONDA H’NESS DLX】丸眼1灯に空冷フィンを刻む心臓、リヤ2本サスで往年のCBスタイルを構築。ライト下はインド特有のフロントナンバー用ホルダーだ。●予想国内価格帯:55~60万円 ●予想国内登場時期:’21年春 [写真タップで拡大]

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場

【HONDA H’NESS DLX PRO】CBらしさを織り込みつつ、力強く、高級感溢れるフォルム。前後フェンダーなど各部のメッキも眩しい。ハンドルはアップライトだ。 [写真タップで拡大]

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場
[写真タップで拡大]

造り込まれたサイドカバーのエンブレム。ホンダの”H”を強調、”Highness”→”H’ness”とあえて表記されている。

スタイルも特筆モノだ。生誕から60年が経過したCBの歴史に発表会で触れたとおり、実にクラシカルかつ正統派ネイキッドのデザイン。優美なタンクとエンジンを際立たせながら、前19&後18インチの大径タイヤで全体のシルエットも均整が取れている。

曲線美が特徴のタンクとサイドカバー、テールカウルを持たないメッキ調のリヤフェンダーからは、同排気量帯である’70年代のCB350フォアやCB400フォアの面影を感じさせる。とはいえ特定の車両ではなく、過去の様々なCBのエッセンスを取り込んだ普遍的なスタイルと言えよう。加えてヘッドライトやウインカー、テールランプをLEDで統一。懐古的でありながらモダンな雰囲気を醸し出す。

王族の”殿下”を意味する「Highness=H’ness」と車名に込めたとおり、インドの王族=マハラジャのごとき威厳や高貴さを意識しているのは確実。”インド生産”と聞くと品質を心配する向きもあるだろうが、質感は高そうだ。

インドのバイク市場は200cc以下が主流で、350ccクラスは高級モデルの位置付け。ロイヤルエンフィールドやJAWA(ヤワ)といったクラシカルな350ccが本作のライバルだ。また、ホンダはインドでのシェアを年々伸ばしており、首位のヒーローモトコープを猛追中。これら強敵に対し、ホンダは入魂のハイネスCB350で真っ向勝負を仕掛ける。CBブランド60年の歴史と風格、そして最新装備により、シェア拡大に弾みをつけることは必至。ヤングマシン独自情報によれば、国内仕様導入の可能性も濃厚だ!

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場

【基本版と上級版の2グレード展開】通常版「DLX」と上級版「DLXプロ」を設定。後者はHSVCS(ホンダスマートフォンボイスコントロールシステム)などを備え、現地価格はDLX比で5000ルピー(約1.3万円)高の19万ルピー(約27.5万円)。 [写真タップで拡大]

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場
[写真タップで拡大]

【6色展開でシートも2色あり】プロにツートーンの3色、DLXにソリッドの3色を用意。ツヤ消し黒×銀/赤/ツヤ消し緑には、ブラウンシートが備わる。

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場
超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場

【灯火系は当然フルLED】クラシカルな装いながら、灯火類はすべてLED。テールライトはCB750フォアなどを彷彿とさせる形状で、中央が円形&放射状に光る。ウインカーもリング状の発光だ。 [写真タップで拡大]

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場
[写真タップで拡大]

【シンプル計器に情報集約】メーターは、アナログ速度計に反転液晶パネルを融合し、右側にインジケーターをまとめた新作。液晶部にはギヤポジションのほか、平均燃費/バー式の燃料計/バッテリー電圧/走行可能距離と豊富な情報を示す。

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場
超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場

計器の右側には、トラコンのオン/オフ、ハイビーム、ABSの状態を表示。サイドスタンドが降りた状態の警告灯は珍しいが、親切設計だ。 [写真タップで拡大]

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場
超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場

【スマホ接続で機能拡張。音楽もナビも声で操作】DLXプロはクラスで唯一、スマホとのブルートゥース接続機能を搭載。左手元のファンクションスイッチ、または自前のヘッドセットから音声入力でアプリ(電話/音楽再生/メール/ナビ/天気予報)を操作できる。音声入力は視線移動がなく、安全なのがポイントだ。メーター右側にはUSB電源まで完備し、バッテリー切れの心配も不要。 [写真タップで拡大]

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場
超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場

HSVC(ホンダスマートフォンボイスコントロールシステム)はホンダ自家製で、世界初搭載。試作の専用アプリも披露。 [写真タップで拡大]

日本仕様は’21春、55~60万円と予想

日本導入は未発表ながら、発売の可能性は高そう。気になる価格は、インドでDLXが18.5万ルピー(約26.8万円)、DLXプロが19万ルピー(約27.5万円)。同じくインド生産となるジクサーSF250の国内仕様から考察すると、ヤングマシン予想で55万~60万円か。

超端麗! ホンダ渾身の空冷ネオクラシック・ハイネスCB350 DLX/PRO登場
[写真タップで拡大]

ハイネス350と同じくミドルクラスの空冷ネオクラシックモデル「SR400」とスペックを比較。

’21年の新車として話題を集めるホンダ ハイネスCB350。次ページではエンジンとシャーシについてさらに解説する。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報