オフロード経験者ほどハマる

ヤマハのeMTB「YPJ-MTプロ」試乗インプレッション【バイク乗りが本気で楽しめる】

世界中でムーブメントが巻き起こっているeバイク(スポーツタイプの電動アシスト自転車)。このジャンルの祖であるヤマハが、ついに2輪メーカーとしての威信を賭けたeMTB「YPJ-MTプロ」をリリース! オフ経験者ならこの楽しさにハマること間違いなしだ。

[〇] オフロード経験者ほど面白さに開眼するはず

’19年の東京モーターショーに展示されたコンセプトモデルを経て、ついに世界的な激戦区に送り込まれたeMTB「YPJ-MTプロ」。アルミ製のデュアルツインフレームに80Nmを発揮する軽量ハイパワーなドライブユニットを搭載。2輪メーカーならではのノウハウが随所に詰め込まれる。

【YAMAHA YPJ-MT PRO】φ35mmフォークはロックショックス製、リヤサスはホルストリンク式で、ホイールトラベル量は160mm/150mm。ホイール径は27.5インチで、これに2.8インチ幅のタイヤを履く。●色:青 ●価格:66万円 [写真タップで拡大]

オフ車で林道を走る際、微妙なスロットルワークが要求されるのと同様に、MTBでもペダルを踏む力をうまく調整しないとリヤタイヤが空転してしまう。このYPJ-MTプロは、最強の”EXPW(エクストラパワー)”から最小の”エコ+”まで、どのモードでも踏力に対するアシストの制御が緻密で、滑りやすい木の根やぬかるんだ路面でも直感的かつスムーズに進むことができるのだ。

車体もいい。MTBとしては特殊なフレームデザインだが、それによる違和感は皆無だ。長いホイールトラベル量と太めのセミファットタイヤにより、高い走破性を確認。腕に覚えのあるライダーなら爽快なダウンヒルも楽しめるだろう。マグラのブレーキセットはコントロール性が素晴らしく、これを超えるのはスーパースポーツぐらい? などと思うほどに優秀。オフ経験者ならこの楽しさにハマること間違いなしだ。

[写真タップで拡大]

トップおよびダウンチューブを双胴化し、その間にリヤショックやバッテリーをレイアウト。アルミの液圧成形材や鍛造材を巧みに組み合わせる。

[写真タップで拡大]

最大で80Nm(8.2kg-m)ものアシスト力を発揮するPW-X2ドライブユニット。走行モードはオフを含めて7種類から選べる。

[写真タップで拡大]

変速機はシマノのデオーレXTで、変速段数は11段。カセットスプロケットは11〜46Tとワイドで、アシストなしでも楽しめる設定。

ダウンヒルも楽しめるよう、マグラの4ピストンキャリパーとラジアルポンプマスターがセットされる。ディスクは前後ともφ203mmと大径だ。スイッチ類はハンドル左側に集約され、操作性は優秀。 [写真タップで拡大]

[△] 本領発揮できる場所がどうしても限定的に

公道走行可能だが、ポテンシャルを引き出せる場所が少ないという点ではオフロード車に通じるかも。

[こんな人におすすめ] 走れるルートが近くにあればすぐ買いたい!

スポーツ自転車の電動アシストに対する否定派は多いが、踏む力の微調整やマシンコントロールなどで頭と体力を使う点は変わらないわけで、気が付けば心地良い汗をかいていた。正直、セローやハンターカブよりも欲しい1台だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報