燃費も魅力の次世代油冷シングル搭載モデル

スズキ ジクサー250試乗インプレッション【軽快さが際立つ日常ネイキッド】

スズキ ジクサー250試乗インプレッション【軽快さが際立つ日常ネイキッド】

●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:長谷川徹

先に紹介したジクサーSF250に続き、今回はネイキッドのジクサー250に試乗した。新型コロナ禍によりインドでの生産が遅れたものの、現在は順調に入荷中とのこと。フルカウル車との走りの違いやいかに?

[◯] コートを脱いだような良質ライトウェイト感

YZF-R25からMT-25が、あるいはニンジャ250からZ250が生まれたように、共通シャーシで派生モデルを増やす例は珍しくない。先に試乗したスズキ ジクサーSF250にも「ジクサー250」というネイキッドモデルが存在する。主な違いはカウリングの有無とハンドル形状ぐらいだが、最小限の変更でここまで印象を変える手腕には驚いた。

スズキ ジクサー250試乗インプレッション

【SUZUKI GIXXER 250】■全長2010 全幅805 全高1035 軸距1345 シート高800(各mm) 車重154kg ■油冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249cc 26ps[19kW]/9000rpm 2.2kg-m[22Nm]/7300rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量12L ■ブレーキF=ディスク R=ディスク ■タイヤF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:銀×黒 黒 ●価格:44万8800円 [写真タップで拡大]

スズキ ジクサー250試乗インプレッション

ボリューム感のあるシュラウドと絞り込まれたテールにより、グラマラスなスタイリングを構築。デュアルテールエンドを持つショートサイレンサーや、150サイズという太めのリヤタイヤなどが、全体の質感を高めている。 [写真タップで拡大]

乗り比べてみて大きな違いを感じるのは、やはりハンドリングだ。ハンドル幅が65mm広く、しかも高い位置にあるので、フルカウルのSFよりも軽い入力で倒し込みや切り返しが行える。これにはカウルがないことによる左右方向への空気抵抗の少なさや、4kg軽い車重も要因として挙げられよう。結果、SFから乗り換えると、まるでコートを1枚脱いだかのような軽快感が際立ち、「ネイキッドかくあるべし」といった雰囲気が構築されている。しなやかなダイヤモンドフレームや接地感の高いラジアルタイヤ、1345mmという短めの軸距による基本的なハンドリングはSFと共通で、扱いやすい上に旋回力も高い。サスペンションの動きは抜群にいいというわけではないが、必要にして十分であり、それをラジアルタイヤが絶妙にフォローしている。

エンジンはSFと同じ新開発の油冷SOHC4バルブ単気筒で、最高出力26psをはじめ変速比や減速比などスペックも共通だ。6000rpm以下での扱いやすさと、そこから上での高揚感がうまく両立された良質なエンジンであり、また最大トルクが同クラスの2気筒車とほぼ同等ということもあって、力不足を感じる場面はほとんどなし。スロットルを開けられる分だけ高回転域まで味わえるという点では、むしろツイン勢を上回っているとさえ言える。

キャリパーにバイブレ製を採用したブレーキは、ABSが作動する直前まで自信を持ってコントロールできる。価格が安くともこういう部分に手を抜かない姿勢はさすがだ。 ルックスだけでなく、走りでもそれぞれの世界観を構築してきたこのシリーズ。個人的にはネイキッドのライトウェイト感が気に入った。

スズキ ジクサー250試乗インプレッション

燃焼室の周囲にオイルジャケットを持つ軽量コンパクトな油冷SOHC4バルブ単気筒。燃焼効率の向上とフリクションロスの低減を両立することで、圧倒的な低燃費も実現する。オイルクーラーには電動冷却ファンを装備。 [写真タップで拡大]

スズキ ジクサー250試乗インプレッション

フロントフォークはφ41mm正立式、リヤはリンクレスのモノショックで7段階のプリロード調整可。キャリパーはバイブレ製でABSを導入する。なお、日本仕様の標準装着タイヤはダンロップのGPR-300だ。 [写真タップで拡大]

スズキ ジクサー250試乗インプレッション
スズキ ジクサー250試乗インプレッション

縦3分割デザインが個性的な薄型ヘッドライトと、SFと共通デザインのテールランプにはLEDを採用する。 [写真タップで拡大]

スズキ ジクサー250試乗インプレッション

SFと共通の多機能なフル液晶メーター。ギヤ段数やオイル交換時期、シフトアップインジケーターなどを搭載 [写真タップで拡大]

スズキ ジクサー250試乗インプレッション

セパレートタイプのグラブバーはアルミダイキャスト製だ。タンデムシートの下には車載工具が収納されている。 [写真タップで拡大]

ワークスカラーをまとったフルカウルモデルも用意

スズキ ジクサー250試乗インプレッション

前回試乗したフルカウルのジクサーSF250は、ネイキッドのジクサー250のバリエーションモデル。低く構えたスポーティなカウルデザインとセパレートハンドルの採用が主な違いで、写真のエクスターカラー以外に艶消し単色の黒と銀を用意する。●価格:48万1800円

スズキ ジクサー250試乗インプレッション

兄弟車とは思えないほど個性が異なる2台。カウルの有無によりネイキッドの方が4kg軽量だ。ライディングポジションではセパレートハンドルとバーハンドルによる差が顕著で、シート高800mmは両車に共通だ。

スズキ ジクサー250試乗インプレッション

上半身の前傾角は異なるが、ハンドル切れ角35度は共通。やや腰高ではあるが、スリムな車体により足着き性は悪くなく、ライディングポジションはコンパクトだ。

[△] カラーリングが保守的だが、それ以外に不満はなし

試乗したのはマットブラックメタリックで、もう1色のシルバー×ブラックと合わせて、スタイリングに対して車体色はややおとなしめという印象が拭えないが、これは好みだろう。それ以外は特に不満はなく、これがCT125・ハンターカブとほぼ同価格というのは驚きだ。

[こんな人におすすめ] 2気筒勢とは異なる走りで楽しさを追求

直接のライバルは水冷シングルのホンダCB250Rだが、CBの方が10kg軽く、11万5500円も高いので、比べる人は少ないかも。薄型のヘッドライトも軽快な操縦性に貢献している思われ、そうして各部を見ていくと感心することしきりだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

スズキ ジクサー 250の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

スズキ ジクサー 250

スズキ ジクサー 250

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 147価格種別 中古車 4

本体

39.57万円

価格帯 35.8~40.59万円

本体価格

本体

48.29万円

価格帯 43.9~50.49万円

諸費用

6.03万円

価格帯 6.45~7.92万円

諸費用

諸費用

1.7万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

45.6万円

価格帯 42.25~48.51万円

乗り出し価格

乗り出し価格

49.99万円

価格帯 49.99万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|最新バイク情報