誰もが振り向く強烈な存在感

トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション【豪快ながら上質。通好みの傑作車】

  • 2020/12/9
トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション【豪快ながら上質。通好みの傑作車】

●まとめ:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史

’19年に発売された限定車を経て、トライアンフ新型ロケット3の量産仕様が上陸した。バリエーションは2種類あり、現在日本で販売されているのはロードスタータイプの「ロケット3R」だ。その走りやいかに?

[◯] 見た目はマッスルだが非常にフレンドリー

’04年にデビュー、’16年に生産終了となった先代よりもややコンパクトな印象の新型ロケット3R。完全新設計の水冷直列3気筒エンジンをはじめ、ダイヤモンドフレームは鋼管からアルミへ、スイングアームは両持ちから片持ち式となるなど、先代から継承したのはほぼネーミングのみ。事実、車重は40kgも軽くなったなど進化の歩幅は非常に広いのだ。

トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション

【TRIUMPH ROCKET 3R主要諸元 ■全幅889 全高1065 軸距1677 シート高773(各mm) 車重318kg ■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 2458cc 167ps[123kW]/6000rpm 22.54kg-m[221Nm]/4000rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量18L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=150/80R17 R=240/50R16 ●色:赤 黒 ●価格:265万3000円 [写真タップで拡大]

トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション

灯火類は全てLED。コンチネンタル製のIMUユニットを搭載し、コーナリングABS/トラクションコントロール/キーレス/クルーズコントロール/ヒルホールドを導入。 [写真タップで拡大]

まずはエンジンから。2458ccの水冷トリプルは、最大トルク221Nmこそ最終型のロードスターと共通だが、発生回転数が2750→4000rpmへとやや高回転側へシフト。最高出力は148psから167psにアップし、レッドゾーンは6500rpm以上だ。

スペックばかりに目が行きがちだが、この新型エンジンは1気筒あたり820ccもあるとは思えないほど回転フィールがジェントルだ。どのライディングモード(ロード/レイン/スポーツ/ライダー)でもレスポンスは過敏すぎず、もっとも元気のいいスポーツモードですら街乗りで扱いやすい。トップ6速100km/hでの回転数は2200rpmあたりで、その領域でかすかに伝わる脈動感は6気筒エンジンに迫るシルキーなものだ。そして、スロットルを大きく開ければ瞬間移動とも表現できるほど怒濤の加速力を見せ、この二面性こそが真骨頂だと言えそうだ。

トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション

’04年初出の先代とは別モノの水冷直列3気筒。排気量は2294cc(101.6×94.3mm)から2458cc(110.2×85.9mm)となり、最高出力は11%アップの167ps。タイヤはフロント150/リヤ240、マフラーは右3本出しへ。なお、限定車のTFC(トライアンフ・ファクトリー・カスタム)は182psを公称。 [写真タップで拡大]

ハンドリングもいい。どの速度域でも入力に対する倒れ込みがナチュラルで、特殊な操縦は必要なし。前後タイヤが極太な上に軸距が1677mmと長いので、決して旋回力は高くはないが、動きのいいサスとしなやかなフレームによりスポーティーな雰囲気が楽しめる。そして、その優秀な走りを支えているのが前後のブレンボキャリパーで、これだけの巨体をもってしても絶対制動力やコントロール性に不満がない。ちなみにこのロケット3RはIMUを搭載しており、コーナリングABSや坂道発進で便利なヒルホールドコントロールを採用。キーレスやクルーズコントロール、さらにはオプションでシフトアシストを用意するなど、電脳化もかなり進歩しているのだ。

トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション

標準装着タイヤは専用開発のエイボン・コブラクローム。ドライブシャフトを内蔵するスイングアームは片持ち式で、ショーワ製のショックユニットは前後ともフルアジャスタブル仕様。フロントフォークはφ47mm倒立式で、フロントキャリパーはブレンボのスタイルマだ。 [写真タップで拡大]

ハンドルバーにケーブルを内蔵してスマートな外観に。第2世代フルカラーTFTメーターは角度調整式で、メーターバイザー左側に電源ソケットあり。 [写真タップで拡大]

ステンレス製のタンクストラップやモンツァ型のキャップ、シートカウルの鋳造アルミプレートなど、各部の造型に一切隙なし。シート下の小物入れにUSB電源あり。 [写真タップで拡大]

トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション
トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション

スイッチハウジングはバックライト付きだ。左側下段の5方向ジョイスティックでメーターの各種機能を操作。 [写真タップで拡大]

トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション
トライアンフ ロケット3R試乗インプレッション

未使用時は存在を気付かせない格納式タンデムステップ。ライダー側のステップは高さを上下2段階に調整可能だ。 [写真タップで拡大]

シート高は773mmで足着き性は良好だ。幅広のハンドルバーによってロードスターらしいライポジが形成される。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

[△] 発熱量と燃費は覚悟を。左側に寄るクセもあり

2458ccのエンジンが発する熱量はハンパなく、また燃費も本誌計測で10km/Lという結果に。さらにミッションから駆動系が左側に集中しているためか、直進時に左側へ寄りたがる傾向あり。加えて熱ダレなのか燃調の息継ぎも何度かあった。

[こんな人におすすめ] 誰もが振り向く強烈な存在感。唯一無二の世界

2500ccのバイクなんて乗れるのか? なんて思いがちだが、ハーレーのファットボーイよりも安くて乾燥重量が軽いと聞けば、ハードルはやや下がるはず。燃費などネガは少なくないが、この唯一無二の世界観はハマる可能性大!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2

トライアンフ ROCKET 3 Rの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

トライアンフ ROCKET 3 R

トライアンフ ROCKET 3 R

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 1

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

248万円

価格帯 248万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ