オフ性能重視のアドベンチャーモデル

ヤマハ テネレ700試乗インプレッション【他とは一線を画す”ザ・冒険マシン”】

  • 2021/1/8
ヤマハ テネレ700試乗インプレッション【他とは一線を画す"ザ・冒険マシン"】

●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史

欧州で先行販売されていたヤマハ テネレ700が、日本でも’20年7月31日にリリースされた。オフ重視のフロント21/リヤ18インチホイールを履くこのニューモデル。アドベンチャーモデルの中でもかなりオフロード重視であり、待っていた人は多いハズ。

[◯] 出力特性はオフ向き。操安性は本物志向だ

ライダーが直感的に面白いと思えるMT-07の走りに感動し、そのエンジンを搭載するトレーサー700の国内正式販売をすでに4年も待っている私にとって、「テネレ700」は試乗を楽しみにしていた1台だ。

ヤマハ テネレ700

YAMAHA TENERE700】主要諸元■全長2370 全幅905 全高1455 軸距1595 シート高875(各mm) 車重205kg ■水冷4スト2気筒DOHC4バルブ 688cc 72ps[53kW]/9000rpm 6.8kg-m[67Nm]/6500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量16L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク■ タイヤF=90/90-21 R=150/70R18 ●色:青 白 黒 ●価格:126万5000円 [写真タップで拡大]

専用設計の高張力鋼管ダブルクレードルフレームに搭載されるMT-07ベースの688cc水冷パラツインエンジンは、吸排気系およびFIセッティングが変更されている。発進してまず感じるのは、低中回転域でのトルク感が意外と薄いということ。車重がMT-07よりも22kg重いこともあるだろうが、270度位相クランクによる快活な鼓動感はあえて抑えられており、レブリミットまでフラットに回転が上昇する。新型車には今どき珍しくトラクションコントロールが採用されておらず、それに頼らずともスロットルでコントロールできる特性を追求したのだろう。ちなみにトップ6速・100km/hでの回転数は、MT-07が4000rpm付近なのに対し、テネレ700は4500rpmとやや高めだった。データからも、この2台のコンセプトが異なることが分かろうというものだ。

ハンドリングは、ホイールトラベル量がフロント210mm、リヤが200mmと本格的なオフロード車のそれだが、標準のサスペンションセッティングでは車体のピッチングは控えめで、街乗りから峠道まで舗装路での扱いやすさが光る。高速道路では、大きな外乱を受けた際にフレームのしなりが発生するが、その振れ幅は決して大きくはなく、すぐに収束するので不安はない。ヘッドライトを覆うようにレイアウトされた透明なスクリーンは、胸元からヘルメット上部までしっかりと防風してくれ、長距離移動での疲労を効果的に減じてくれる。この点は他のアドベンチャーモデルと遜色ないレベルと言える。

試しに少しだけ未舗装路に足を踏み入れてみる。すると、重量級のライバルよりも明らかに軽量でマスが集中していること、穏やかなエンジン特性、そして扱いやすいブレーキ性能など、オフロードでのポテンシャルの高さが垣間見られた。腕に覚えのある人ならさらに楽しめるだろう。

ヤマハ テネレ700

他のアドベンチャーモデルとは一線を画す、機能を前面に押し出した個性的なデザイン。キャリパーは前後ともブレンボで、オンオフ切り替え可能なABSを標準装備。その一方でトラクションコントロールやクルーズコントロールなどは省略。 [写真タップで拡大]

ヤマハ テネレ700

足着き性はつらいが、オフロード車両としてのバランスはよく、スタンディングのしやすさも秀逸。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

MT-07と共通の270度位相クランクを採用した688cc水冷DOHC並列2気筒を搭載。セッティングの見直しにより、最高出力はMT-07の73psに対し72psとなっている。

ヤマハ テネレ700

ピレリのスコーピオンラリーSTRを標準装着。倒立式フォークは伸縮減衰力のみ調整可能なのに対し、リンク式のリヤショックはフルアジャスタブルとなっている。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ブロックの高いタイヤを履いた際に接触しないよう、フロントフェンダーは高さが調整可能。テネレならではの気遣いだ。

[写真タップで拡大]

LEDの4灯ヘッドライトは上段がロービーム、下段がハイビームで、左右独立式の光軸調整ノブまで装備している。

[写真タップで拡大]

アルミ製テーパーハンドルを採用。メーターは太陽光下でも情報を読み取りやすいフル液晶で、その横に12VのDCジャックを設ける。

ヤマハ テネレ700
ヤマハ テネレ700

スリムなタンクからシートカウルに至るまでポジションの自由度を追求した面構成に。 [写真タップで拡大]

ヤマハテネレ700 ABS Low
[写真タップで拡大]

【ヤマハ テネレ700 ABS Low】座面が約20mm低くなるワイズギアのローシート(2万7500円)と、シート高を約18mm下げるローダウンリンク(1万1880円)。この両方を最初から装着したアクセサリーパッケージ車が標準車と同価格で用意されている。●価格:126万5000円

[△] MT-07の快活さが薄れ、裏方に徹したエンジン

回転数ごとに表情を変え、巡航中ですら鼓動感が楽しい…、そんなMT-07の個性をあえて削ぎ、実用性重視に舵を切ったのがテネレ700のエンジンだ。他のアドベンチャーモデルと同様にオンロード主体の使い方をすると、無味乾燥に思う可能性も。

[こんな人におすすめ] コンセプトは明確。待っていた人は少なくないはず

初代XT600テネレと全く同じタイミングで、アフリカツインの前身であるXLV750Rが発表された。それぞれの末裔が令和になってもライバル関係にあるが、テネレ700はかなりオフロード重視であり、これを待っていた人は迷わず買いだろう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ