とにかくクールで注目度満点!

レオンアート パイルダー125試乗インプレッション【エンジンも操縦安定性も超個性的】

  • 2020/11/15
レオンアート パイルダー125試乗インプレッション【エンジンも操縦安定性も超個性的】

’04年にスペインで誕生した小排気量専門ブランド「レオンアート」が日本に上陸した。社長が日本のロボットアニメ『マジンガーZ』のファンということで命名された「パイルダー125」は、水冷パラツインを搭載。エンジンも操縦安定性も超個性的なモデルだ。

[〇] とにかくよく回るエンジンは150cc並みの力強さ

記憶が正しければ、125ccの2気筒車に試乗するのはホンダ バラデロ125以来だ。このパイルダー125が搭載するのは水冷並列2気筒で、最高出力はA1ライセンスの上限である15psを公称。車体も特徴的で、ホイールベースが1686mmと長い上に、フロントには19インチの大径ホイールを採用。しかもリヤの17インチタイヤは190(!)というワイドサイズだ。倒立フォークや片持ち式のスイングアーム、フロントダブルディスクなど、もう完全に原付二種の枠を超越している。

レオンアート パイルダー125試乗インプレッション

【LEONART PILDER125】主要諸元 ■全長2390 全幅800 全高1125 シート高700(各mm) 車重180kg ■水冷4スト並列2気筒SOHC2バルブ 125cc 変速機6段リターン ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=100/90-19 R=190/50-17 ●色:白 ●価格:59万4000円

レオンアート パイルダー125試乗インプレッション

1686mmというハーレーに迫るほどの長い軸距に対し、スイングアームが極端に短いことから、リヤのホイールトラベル量があまり稼げないのではと推察。フレームとエンジンの隙間を埋めるように黒い樹脂カバーを配置する。

まずは注目のエンジンから。セルで始動すると、まず聞こえてくるのは連続的な排気音だ。車両はクルーザータイプだがツインらしい鼓動感とは無縁で、レスポンスのいい吹け上がりは完全にスポーティなバイクのそれである。そうした第一印象から低回転域のトルクが薄いかと思いきや、2000rpmからでもスルスルと発進できてしまう。1速がローギヤード気味ということを差し引いても、180kgの巨体を難なく走らせてしまうことに驚く。スロットルを大きく開けると速度はグングンと伸びていき、レブリミットはなんと1万2000rpm(!?)。トップ6速60km/hでの回転数は、別に紹介したジクサーSF250とほぼ同じ4000rpmを少し超えたあたり。体感的には150ccクラスに比肩するほどのパワーがあり、しかも際限なく吹け上がるフィーリングは”楽しい”のひと言だ。

[写真タップで拡大]

かつてのホンダCB125Tと同じφ44×41mmというボア×ストロークを採用するが、水冷で6段ミッションという点は異なる。フューエルインジェクションシステムにはデルファイ製を採用する。

レオンアート パイルダー125試乗インプレッション

倒立式フロントフォークにアルミ製の片持ち式スイングアームという豪華な足回り。ブレーキは前後ともディスクでフロントはダブル、リヤのキャリパーは前後連動式のため3ピストンだ。タイヤは台湾のCST製。

ハンドリングは、大径のフロントホイールと極太のリヤタイヤによる相乗効果なのか、直立を保とうとする力が強めだ。反面、逆操舵によるきっかけ作りや体重移動など、セオリー通りの操作をしないと素直にバンクしてくれない。また、リヤサスのホイールトラベル量が少ないためか、旋回中にギャップを通過するとラインを乱されやすく、また乗り心地も決していいとは言えない。とはいえ、どれもスタイリングを優先した結果であり、いい意味で歯ごたえがあるとも評価できる。前後連動ブレーキが意外にも強力であり、十分に実用的という点も気に入った。

[写真タップで拡大]

ブレーキレバーには調整機構あり。フル液晶メーターはギヤ段数表示も。回転計は1万4000rpmまで刻まれ、1万2000rpmまで回る。

レオンアート パイルダー125試乗インプレッション

印象的な造型のタンクとシート。燃料キャップはヒンジ式で、シートは前後とも取り外すのに工具が必要なタイプだ。

レオンアート パイルダー125試乗インプレッション

シートとハンドルが離れており、ステップはミッドコントロール的な場所にある。個性的なライポジに起因する操縦の難しさあり。[身長175cm/体重62kg]

【バルセロナ生まれのレオンアートはどれも個性的】「ヘリテイジ125」はパイルダー125と同じ水冷2気筒を搭載し、12.2psを公称。正立式フォークとツインショックを組み合わせる。「トラッカー125」は2バルブの空冷単気筒モデルで10.9psを発揮する。輸入総代理店のウイングフットが扱うのは全6機種だ。

レオンアート パイルダー125試乗インプレッション

[左] トラッカー125 ●価格:44万円 [右] ヘリテイジ125 ●価格:41万9000円

[△] 特殊なライポジは操縦に慣れが必要

軸距が長いため、交差点を曲がるときなど微速域では舵角主体で向きを変えることになるが、そうなるとアウト側のハンドルが必然的に遠くなり、身長175cmの私でも前寄りに座り直す必要があった。購入を検討中の人はそこも要チェックだ。

[こんな人におすすめ] とにかくクール! 音もスタイルも注目度は満点

イギリスのマットモーターサイクルズなど、欧州には個性的な小排気量ブランドがいくつも存在する。中でもレオンアートのパイルダーは、スタイルはもちろん走りも特徴的だ。入荷台数は少ないらしく、欲しい人は早めに決断を。

●まとめ:大屋雄一 ●写真:長谷川徹 ●取材協力:レオンアートモータース[ウイングフット
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2