KAWASAKI Ninja ZX-25R×ライドハイ

カワサキ「ニンジャZX-25R」の登場で、ホンダ&ヤマハ&スズキはどう動く?

●文:ライドハイ編集部(小川勤)

2020年、250ccクラスに4気筒エンジンを投入してきたカワサキ。ニンジャZX-25Rが持つスポーツ性の高さは、単純に「回るエンジンは気持ち良い!」と思わせてくれる。だからこそ、他メーカーにも期待せずにはいられないのだ。

ビッグバイクに慣れた感性にも新鮮だった250cc /4気筒

実は現在のフルカウル250ccブームは、2008年に発売されたニンジャ250Rからスタートしている。ならば、今回のニンジャZX-25Rの登場で他メーカーも動くかもしれない……というか動いて欲しい、というのが今回のテーマである。

現代の技術で作られた250cc /4気筒は、以前存在したモノとはまったく異なり、とても趣味性が高いバイクに仕上がっている。単気筒や2気筒にはない、4気筒特有のパワーバンドキープ&1万8000rpmまで回し切れる乗り方はビッグバイクに慣れた感性にも新鮮で、コーナリングマシンの原点とも言えるピュアな楽しさは、ワインディングでもサーキットでも味わえるものだった。

だからこそ、他メーカーにもスポーツ性を追求したピュアスポーツバイクをつくって欲しいと思った。そこでここからは僕の主観で、各メーカーで乗ってみたいと思う250cc /4気筒を想像してみたい。だって全メーカーが並列4気筒を出してきたら、それはそれで面白いと思う反面、やはりカワサキの二番煎じにしか思えないからだ。

→全文を読む|映像+写真5点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報