出せるものは出したいじゃないか!

ニンジャZX-25R トリックスター製フルパワーキットで日本仕様も50psオーバーに!?

  • 2020/11/14
ニンジャZX-25R トリックスター製フルパワーキットで日本仕様も50psオーバーに!?

50ps出せるものは出したいじゃないか!

「4気筒車には数字だけでは表せないロマンがある」これが今回の比較テストを担当したヤングマシンメインテスター・丸山浩の持論だ。だがしかし! 数字だって欲しいじゃないか! そう考えるアナタに猛プッシュしたいのが、トリックスターが開発を進めているフルパワーキットだ。

日本仕様の45psに対し、インドネシア仕様のZX-25Rが公称50psなのはご存じのとおり。トリックスターのキットはコンピューター/マフラー/吸気系パーツの3点を想定しており、これらを国内仕様に組み込むことで50psオーバーを狙う(パーツは単品販売も想定)。開発はスタートしたばかりだが、アジア選手権にニンジャ250で、世界耐久にZX-10Rで、さらにH2Rで最高速やテイスト オブ ツクバに挑むなど、あらゆるカワサキ車の特性を熟知しているトリックスターだけに、ZX-25Rのポテンシャルを最大限に引き出してくれるハズだ。

[写真タップで拡大]

トリックスターのフルパワーキットで、狙うは50psオーバー!

さらに嬉しいのは価格だ。現在トリックスターでは数種類のZX-25R用マフラーを開発中だが、最も安価なマフラーとの組み合わせなら3点セットで20万円を切る予定とのこと。’20年内の発売を目指すというから楽しみだ。

日本仕様とフルパワー仕様に出力差がある以上、こうした動きは今後さらに活発になるだろう。そうしてZX-25Rのチューニングがブームになれば、日本のアフターマーケット業界も活性化していくハズ。そこまで考えてカワサキは国内仕様を45psに設定した…、というのは考え過ぎ!?

ニンジャZX-25R トリックスター製フルパワーキットで日本仕様も50psオーバーに!?
[写真タップで拡大]
ニンジャZX-25R トリックスター製フルパワーキットで日本仕様も50psオーバーに!?
[写真タップで拡大]

【ダウンマフラーも開発中】トリックスターでは多様なマフラーを開発中だが、ひとつはオールステンレスのダウンタイプ。排気口のメッシュ処理も秀逸! クローズドコース用で予価は10万8000円(税別)。発売時期は未定。

●文:ヤングマシン編集部 ●写真:真弓悟史 ●トリックスター
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2