Z1|900 Super4[1972]×ライドハイ

世界最速のバイクをつくる! 絶対にホンダに勝つ! カワサキの執念がその後の“らしさ”を築きあげていった

●文:ライドハイ編集部(小川勤)

1972年に登場したカワサキZ1と1969年に登場したホンダCB750FOURは、頻繁にライバルとして比較される。しかし、この関係はライバルの一言で語れない。当時カワサキは、生き残りをかけた執念の戦いを繰り広げていたのだ。

絶対にホンダに勝つ!

ホンダCB750FOURが存在しなければ、カワサキZ1は存在していなかったかもしれない。そのくらいZ1にとってCB750FOURは大きな存在だ。

1960年代半ば、カワサキはバイクの販売を止めるか止めないかの瀬戸側だった。当時は驚愕のメカニズムと言えた2ストローク3気筒を積むマッハIIIを投入してはいたが、一方で本命とも言える4ストローク4気筒を密かに開発。

N600と呼ばれた750ccの空冷4気筒エンジンは、1968年の3月に完成し、73psを発揮した。しかし、ホンダの方がわずかに発表が早かった。

ホンダCB750FOURは1968年に発表され、翌年から生産された。

まだまだビッグバイクという概念がなかった時代、そのインパクトはとても大きく、世界GPマシンでしか実現されていない4気筒エンジンを搭載したCB750FOURの突然のデビューは、多くのメーカーの思惑を大幅に狂わせることとなった。

→全文を読む(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報