非分解指定部品のメンテナンスが可能

ケーヒン製FCRキャブのオーバーホールにキースター「燃調キット」が効く理由

FCR燃調キットに付属するパーツ

フッ素ゴムを金型で成型したキースターオリジナルのガスケット

【このガスケットがオーバーホールのキモ】FCRのボディとジェットブロックの間には、写真のように複雑な形状のガスケットがセットされている。非分解設定なのでケーヒン製の部品は存在しないが、このガスケットが劣化すると、本来分かれているはずのガソリンとエアの通路がつながってしまい、セッティングが困難になる。それだけに、フッ素ゴムを金型で成型したキースターオリジナルのガスケットはFCRの救世主となる。 [写真タップで拡大]

フロートチャンバーガスケット

フロートチャンバーガスケットが硬化して、合わせ面から滲んだガソリンで変色しているFCRは、燃調キットで即交換。トップカバーガスケットもドンピシャ。 [写真タップで拡大]

フロートバルブ

フロートバルブの摩耗はオーバーフローの原因のひとつだが、バルブシートのOリングの痩せも要注意ポイント。バルブシート径は#3.2がセットされている。 [写真タップで拡大]

ダイヤフラム

ガソリンの浸漬で加速ポンプのダイヤフラムが劣化すると、吐出不足で息ツキ症状を起こすこともある。フロートチャンバーからポンプカバーを外して確認しよう。 [写真タップで拡大]

OリングとUリングも付属

ガソリン用とエアベント用のT型ジョイントにセットするOリングとUリングも漏れなく付属。ガソリン用のジョイントは細いリングが2個並んで入るのが特徴。 [写真タップで拡大]

インターミディエイトボディ

フラットバルブの中子=ジェットブロックを、キースターではインターミディエイトボディと呼ぶ。固定用のボルトは細く破損しやすいため、セットに含んでいる。 [写真タップで拡大]

液体ガスケット

ボディとジェットブロックの間は液体ガスケットを塗布して結合する。ガソリンが浸るためシリコン系ではなく溶剤系ガスケットが付属する。 [写真タップで拡大]

強力なクリーナーでジェットブロックのガスケットが傷んだFCRは少なくない。燃調キットでフルオーバーホールを行えば、セッティング不良も改善される。

●取材協力:キースター(岸田精密工業)
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報