整備からカスタムまでフル網羅

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

  • 2020/7/25
豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

車両の購入からモディファイ、メンテナンスに至る一連の流れは、現行車でも絶版車でも同じ。しかし絶版車を相手にするには、基本的な技術や整備能力だけでは済まない対応力やノウハウも求められる。”とことん整備”をはじめ、センスの良いモディファイも得意なモトジョイ(三重県鈴鹿市)は、絶版車ユーザーの頼りになる専門店である。

“走る・曲がる・止まる”の三要素を徹底チェック

取り扱い機種を絞り込むことで専門店として特化するバイクショップがある一方で、守備範囲を広く設定する店舗もある。ホンダCBXの駆け込み寺的存在であるとともに、カワサキトリプルのレーサーでレースに参戦し、カワサキZ系やホンダCB750フォアの”とことん整備”を手がけるモトジョイは、後者に属する絶版車専門店だ。

ノーマルでもカスタムでも、バイクにとって整備やメンテナンスが必要であることを熟知する同店では、”走る・曲がる・止まる”の三要素を第一にチェックする。「専門店なのに、そんな基本的なことを……」と釈然としない絶版車オーナーもいるだろうが、モトジョイがそこに注力するのは基本整備ができていない車両、不調に気付いていないオーナーが多いことの裏返しである。

整備を徹底的に行うからこそ、カスタムによってそれぞれの機種の輝きがアップする。ここで強みを発揮するのが、モトジョイがオーヴァーレーシングプロジェクツのグループ会社であるという関係性。パーツコンストラクターであるオーヴァーのモノ造りのノウハウを存分に生かした絶版車向けパーツは、ワンオフ/量産品ともにクオリティは抜群。

愛車の状態を客観的に判断してほしい、もっとセンス良くカスタムしたいというオーナーに、モトジョイは技術力とセンスで応えてくれる。

全国のCBXオーナーの駆け込み寺的存在

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

ダイヤモンドフレームに6気筒エンジンを吊り下げるCBX。シリンダーヘッド前後2カ所(左右計4カ所)のエンジンハンガープレートを、キラリと輝くアルミで製作。 [写真タップで拡大]

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

エキパイからメガホンタイプのサイレンサーまで美しいラインがつながるステンレス製マフラー。独立した6本マフラーが奏でるサウンドはCBXならではの迫力。 [写真タップで拡大]

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

スイングアームやバックステップはオーヴァーレーシングが最も得意とするカスタムパーツ。デザインはもちろん、レース参戦に基づく機能性の高い設計が特長。 [写真タップで拡大]

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

ダウンチューブがないため6本のエキパイははっきり見えてしまう。それだけにごまかせない部分だが、チタン製のエキパイのラインは見事で質感は非常に高い。 [写真タップで拡大]

’60年代ツインやペイントも守備範囲

モトジョイでは主に国産絶版車を扱っているが、実は’60年代以前の欧州車も得意としている。それもあって、カワサキWシリーズやヤマハXSなどの国産ツインも分け隔てなくメンテナンスを行っている。

純正部品やリプロパーツが豊富な機種ならまだしも、部品探しが難航すれば仕上げに要する時間も増えるのは絶版車の宿命。たがモトジョイでは中途半端で終わらせず、最善の努力を尽くしている。

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

広い作業スペース内には塗装ブースと温風焼付乾燥釜を設置して、高品位なフレーム関連パーツの塗装も積極的に行っている。 [写真タップで拡大]

年代に合わせたシブいカスタムも得意

絶版車のクラシカルな雰囲気を生かしながら、パフォーマンスを追求するカスタムブランド「オーヴァークラシックス」。このチャンバーはデザインと容量にこだわり水圧で膨らませたスチール製の3本出しだ。バックステップキットの方は、4パターンのポジションを設定できるアルミ削り出しながら、ブラックアルマイト仕上げとしてマッチングを図る。

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

[写真タップで拡大]

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

[写真タップで拡大]

こちらの車両のワンオフマフラーは、オーヴァーレーシングの佐藤健正会長が製作したCB500レーサーのメガホンマフラーに憧れたCB750フォアオーナーのオーダーによるもの。フレームにピッタリ沿いながら、街乗り用のバックステップを避けつつ立ち上がる4本のメガホンサイレンサーは、数多くのレーサー製作を行ってきた佐藤会長のセンスが発揮されている。

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

[写真タップで拡大]

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

[写真タップで拡大]

耐久性に考慮したエアクリーナーBOX対応TMRキャブ

ボディ自体の摩耗や変形によりセッティングだけでは調子が取り戻せないこともある絶版車の純正キャブ。そんな時に人気なのが、カワサキZシリーズとホンダCB750フォア用に用意されたミクニTMR32 キャブレター。純正エアクリーナーボックスに対応するアダプターが装備されるので、街乗りやツーリングでも気兼ねなく使えるのが特長だ。

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

[写真タップで拡大]

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

[写真タップで拡大]

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

[写真タップで拡大]

豊富なノウハウとモノ造りで絶版車の楽しさを伝える専門店【モトジョイ】

【絶版車をサーキットで楽しむASTRIDEも主催】ライダーの技量やマシンのカテゴリーによらず楽しめるサーキットイベントとして、モトジョイとオーヴァーレーシングが共催する「アストライド」。遊び方も提供してくれるのだ。

●文/写真:栗田晃 ●取材協力:モトジョイ
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

固定ページ:

1

2