ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】半クラッチはなぜむずかしい?

●記事提供: ライドハイ編集部

エンストを警戒する長い半クラだと自信がないまま

キャリアの浅いビギナーはもちろん、そこそこ経験年数があっても発進の半クラッチに自信がないライダーは多い。

典型的なのがNGにあるような、エンストを怖れて少しエンジン回転を上げておいて、クラッチをそろそろと滑らせながら、どこかで勝手?にクラッチが繋がってしまい、エンジン回転がドロップするものの、まァ繋がったからイイかとあらためてスロットルを捻るパターン……これだと完全に繋がるまで長い時間と距離を使ってしまい、信号待ちから発進直後に左折や右折ができない、もしくは大回りに陥りがちで、何とかしたいと思いながら解決できていないパターン。

上手な半クラッチは、GOODにあるようにアイドリングよりちょっと上の回転でクラッチが滑る時間が短く、瞬く間に繋がって半クラッチがなかったかのようにサクッと発進……ベテランのこの仕草を真似たいけれど、ちょっと試してみてもエンストするばかりで諦めるしかないほどむずかしい。

ではなぜ半クラッチがむずかしいのか、まずはその理由を知ることからはじめてみよう。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース