ライドナレッジ|RIDE HI

コーナーで5,000rpmは回し過ぎ!

●記事提供: ライドハイ編集部

リヤタイヤが路面を蹴る時間を繋ぐ最新の楽しみ方

上のタイトル画像は5速で2,000rpm、燃費を気にして低回転域で僅かにスロットルを開けた走りをイメージしたら、時代に取り残された旧いライダーといわれてしまうかも。

5速で2,000rpm、コーナー途中なのでスロットルは半分より捻った状態、まだカーブが続くならほどなく6速へシフトアップかな?というのが、どこでもグリップを高めて安定と醍醐味を楽しむのが新しい乗り方だ。

コーナーが続くワインディングを、2速や3速の5,000rpm以上でスロットルを加速も減速もしないパーシャルで走っているのではないだろうか? でも10,000rpm回るエンジンだからと、カーブでもせめてこのくらい回して、危なくないようスロットルは開けないで乗る、これがフツーと思っているライダーはまだ多い。

同じ場所を5速か4速で3,000rpmも回さず、常にスロットルは大きめに開け、回転が4,000rpm手前まで上がったらすかさず6速にシフトアップ、この開け閉めとシフトアップ&シフトダウンを頻繁に繰り返し、路面を蹴るトラクションの時間を主体に走りを組み立てるのが、低回転域の進化が著しい最新バイクのワインディングだ。


※本記事は”ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース