DAINESE Topics.009|RIDE HI

2006年のMotoGP第8戦オランダのアッセンでバレンティーノ・ロッシを救ったプロテクター

フリー走行での激しい転倒から復活し8位に

良くも悪くも忘れられないレースがある。

バレンティーノ・ロッシにとっては、2006年のオランダ・アッセンGPもそのひとつだ。結果としては、その年のシーズン終盤にチャンピオンに輝いたニッキー・ヘイデンに20秒以上の差をつけられてのフィニッシュだった。

しかし、このトップ10に入ったことは、ドクターにとって奇跡のような結果だったのだ。

その理由を理解するには、土曜日の決勝レースから数日前の木曜日のフリー走行にさかのぼる必要がある。

ロッシは、最終シケインに入る高速左コーナーのRamshoekコーナーで、ヤマハの46番イエロー・ヤマハをコントロールできなくなってしまった。

マシンはアスファルトの上を滑って、次にグラベルを横切り、バレンティーノ・ロッシは何度も何度も転がり停止。

ライダーは無事だったが、決して軽い事故ではなかった。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホームビッグオフローダーパーツの雄=ツアラテックからハーレーダビッドソンパンアメリカ用パニアが登場
WEBヤングマシン|新車バイクニュース