DAINESE Topics|ライドハイ

フランコ・ウンチーニ「私と兄の命を救ったヘルメット」

フランコ・ウンチーニは、イタリアのチビタノーバ・マルケに生まれ、1982年に500ccクラスを制した世界チャンピオンだ。レースで活躍したのはもちろんだが、一般公道でのヘルメット着用義務化を訴えた中心人物でもある。

当時、ヘルメットは一般的ではなかった

1969年、フランコ・ウンチーニの14歳の誕生日の日、彼は長い交渉の末、父エンニオを説得してスクーター(Giulietta Peripoli)を買ってもらった。
このときの条件の一つが「常にヘルメットをかぶる」ことだった。もしこの約束を破れば、1週間バイクは没収するという条件だ。

この約束は、すでに彼の2歳年上の兄ヘンリーにも課せられていたもので、ヘンリーはこの約束を守り、常にヘルメットを着用していたのだ。

日曜日になると、ウンチーニ一家ではランチのために外出することが多く、自宅にいることはあまりなかった。

彼や兄ヘンリーにとって、このときの外出はバイクに乗るチャンスだった。両親のエンニオとトーニャは先に自動車でレストランへ向かい、現地で息子たちを待ってから一緒にレストランに入るのだ。

レストランに入ると、ヘルメットを装着した兄弟の姿を見て「宇宙飛行士が来た!」と揶揄する客もいたが、父エンニオは怒鳴りつけて黙らせるのだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報