DAINESE Topics|ライドハイ

ダイネーゼのウエアのプレートがプラスチックではなくチタンやアルミの理由とは……?

ロードレースではだれもが安全のためレーシングスーツを着用している。そのスーツには各種プロテクターが装着されている。そんなプロテクションの中で肩や肘に金属のプレートが装着されているのがダイネーゼのスーツだ。

目立たないところにもライダーを守るこだわりを

レースを観戦しているときに多々ある息を止めてしまうような瞬間……

たとえば、MotoGPの最終ラップで2人のライダーが激しいトップ争いを繰り広げ、残り数コーナーのところでトップライダーが転倒し、ライバルが単独でゴールラインを超えるといったとき。
一昔前は残念なことに転倒したライダーは自分の足で歩けないことも多くあった。

しかしここ最近、転倒したライダーの被害が小さく済んでいるのは、何十年もの研究開発の結果として高性能なレーシングスーツがあるからなのだ。

その中でも、バックプロテクターやエアバッグのように目立ったプロテクションは注目されるが、実はいざというときにライダーを守る大きな役割を担った気が付きにくいこだわりがダイネーゼにはある。

それが、肩や肘に装着されているチタンやアルミのメタルプレートだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報