世界初・倒立フォーク+ラムエア

時代を拓いた革新のエポックマシン:カワサキZXR250/R【倒立フォーク+ラムエア】

  • 2020/5/13
’89 カワサキ ZXR250/R

●文:沼尾宏明 ※本記事で取り上げる「初」は、公道走行可能な量産二輪市販車としての”初”を意味します。なお、その定義には諸説ある場合があります。

’89 カワサキZXR250/R〈世界初・倒立フォーク+ラムエア〉’20 ZX-25Rへ至る源流

国内4メーカーで唯一4スト400ccレプリカを発売しなかったカワサキが’、89年に最後発でZXR400を送り込んだ。今までの遅れを帳消しにする先進的&過激装備が満載で、市販車初の倒立フロントフォークを筆頭に、超高回転型のサイドカムチェーン水冷直4、アルミe-BOXフレームなどワークスレーサーZXR-4譲りのアイテムを与えた。400と同様の豪華パッケージで250も衝撃デビューを果たしたが、250にのみ世界初のラムエアシステムが採用され、話題に。これは走行風をエアクリーナーに導入することで過給効果を与え、最高速付近でパワーアップを図る機構だ。2台とも走りはスパルタンで、400は鈴鹿4耐や全日本TT-F3で勝利。250も草レースで高い戦闘力を見せた。

【’89 KAWASAKI ZXR250/R】■車重144kg{乾) 水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 249cc 45ps 2.6kg-m ■当時価格:59万9000円 ※諸元は250

’89 カワサキ ZXR250/R

ラムエアは250にのみ搭載。タンク上のホースが吸気口と思いがちだが、左サイドカウル下のダクトから走行風をエアボックスに導入していた。なおラムエアの名称はGT380が先だが、あちらは走行風をシリンダーヘッドに導く冷却装置。過給効果を意味するラムエアはZXRが初と言えるだろう。

’89 カワサキ ZXR250/R

インナーチューブ径φ41mmの太い倒立フォークを250/400ともに採用。プリロードと減衰力も調整可能だ。倒立は、クランプ部の径を太くでき、正立より大幅に剛性を高められる。現代でもスポーツ車の定番だ。※写真は400

’89 ZXR400

先行した400は、前傾エンジンとこれを卵のように包み込むe-BOXフレームで高効率なダウンドラフト吸気を実現。アッパーカウルから伸びるホースはタンクを貫通し、ヘッドを冷却する。

’89 カワサキZXR400

【’89 KAWASAKI ZXR400】■車重162kg{乾) 水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 398cc 59ps 4.0kg-m ■当時価格:73万9000円

関連するアーカイブ

〈特集〉時代を切り拓いた革新のエポックマシン

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。