ヤンマシファン2300人の投票結果

’19 国産アメリカン人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】

  • 2020/3/14
'19 国産アメリカン人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】

その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決める、ヤングマシンが誇るガチ企画「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」。「アメリカン」部門では、’19年の販売台数トップ(二輪車新聞調べ)を記録したホンダ レブル250が、上位常連のゴールドウイングを僅差でかわし、初勝利を挙げた。

●まとめ:沼尾宏明

アメリカン部門〈総評〉小兵が横綱をうっちゃり! レブル人気は止まらない

前回は、ホンダ ゴールドウイングが17年ぶりに新型に生まれ変わり、圧勝劇で盛り上がりを見せた。歴代GLが上位の常連だっただけに、このまま連覇するかと思いきや、今回は同門のレブル250とツバ競り合いを展開。結果レブルが逃げ切り、初勝利を挙げた。’19のベストセラー車とあって支持を集めるのは納得だが、シンプルなニーゴーが豪華旗艦を撃破したのは、今の時代を象徴しているようで実に興味深い。しかもレブル500までもひとつ順位を上げ、表彰台に入るという人気ぶりだ。4位には唯一の空冷Vツインを積むヤマハ ボルトが入った。

アメリカン部門 第1位:ホンダ レブル250[651票]

販売トップが初の戴冠!

ユニークなくさび型スタイルを採用したカジュアルボバー「レブル250」。デビューイヤーとなる’17年の5位から徐々に順位を上げ、ついに初の王座へ。ベストセラーとはいえ、旗艦が強いMOTYにおいてゴールドウイングに勝利したのは快挙だ。

ホンダ レブル250

【MOTY アメリカン部門 第1位 HONDA レブル250 獲得投票数651票】 ■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 249cc 26ps/9500rpm 2.2kg-m/7750rpm ■170kg(装備) シート高690mm 11L ■タイヤF=130/90-16 R=150/80-16 ※諸元は国内’19モデルABS ※写真は’20レブル300[US仕様] ●価格:59万9500円(’20年3月19日発売)

ミニインプレ:実は走りもイイ
まず足着き性が抜群。26psの水冷単気筒は、中低速域で扱いやすく、パルス感も豊潤だ。外観に反してハンドリングはネイキッド並みにナチュラル。接地感もタップリある。

アメリカン部門 第2位:ホンダ ゴールドウイングシリーズ[607票]

’18年の全面刷新で一段と評価を高めた、ホンダの旗艦クルーザー「ゴールドウイング」シリーズ。二輪唯一の水平対向6気筒1833ccと豪華装備が圧巻だ。今回は新興レブルの勢いに飲まれた?

ホンダ ゴールドウイングシリーズ

【MOTY アメリカン部門 第2位 HONDA ゴールドウイングシリーズ 獲得投票数607票】 ■水冷4スト水平対向6気筒SOHC4バルブ 1833cc 126ps/5500rpm 17.3kg-m/4500rpm ■383kg(装備) シート高745mm 21L ■タイヤF=130/70R18 R=200/55R16 ※諸元はTOUR DCT〈AIR BAG〉●価格:338万1400円

ミニインプレ:まさしく極上
4種の走行モードで出力特性は大きく変化するが、基本のツアーモードは実に滑らか。独自の足まわりと相まって乗り味は極めて上質だ。一方で軽快な運動性に驚くはず。

アメリカン部門 第3位:ホンダ レブル500[408票]

250と共通の車体に、水冷パラツイン471ccを搭載した「レブル500」。弟分と同様、着実に順位を上げた。’20年型でフルLEDなどを獲得。次回はさらに票を伸ばすか?

ホンダ レブル500

【MOTY アメリカン部門 第3位 HONDA レブル500 獲得投票数408票】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 471cc 46ps/8500rpm 4.4kg-m/6000rpm ■191kg(装備) シート高690mm 11L ■タイヤF=130/90-16 R=150/80-16 ●価格:79万9700円(’20年4月24日発売)

ミニインプレ:より迫力アップ
250のニュートラルなハンドリングはほぼそのままに、分厚いトルクを獲得。右手を大きく開けた際の脈動感と重厚なサウンドが迫力十分で、弟分とは大きく違う乗り味だ。

順位 得票数 メーカー 車名 前年順位
1 651 ホンダ レブル250 2
2 607 ホンダ ゴールドウイング
シリーズ
1
3 408 ホンダ レブル500 4
4 383 ヤマハ ボルト ABS/R SPEC 3
5 205 カワサキ バルカン S 5

’19年の人気マシンを2300人の一般投票で決めた「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー」。次ページではスクーター部門のランキングを発表する。

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。