車体を振ってみよう!! フロントアップを上達させる6つのドリル〈渡辺学のオフロードライディング指南|中編〉

渡辺学のオフロードライディング指南|フロントアップ

世界的ライダー・渡辺学選手によるオフロードライディング指南企画『渡辺学のスキルアップラボ』から、フロントアップの練習ドリルを前/中/後編で紹介する。前編では、フロントアップ時の車輪が浮き上がる感覚などを伝授した。中編では、フロントアップさせた状態で車体を振る”足着きフロントアップ”の練習に入ろう。これができると、マシンを最小限の動きで方向転換できるようになる!!

●まとめ:ゴー・ライド編集部(山田晃生) ●写真:長谷川徹 ●取材協力:ウエストポイント

渡辺学|ツイスターレーシング|スキルアップラボ

【ツイスターレーシング 渡辺学】JNCCシリーズでは5度のチャンピオンに輝いた当ラボ主任。’22年JNCC開幕戦プラザ坂下大会でみごと優勝!! 今年も全日本モトクロス選手権に監督として参戦するほか、ヒーローズえんでゅーろやWEXなどのイベントにも参加予定だ。そして、もちろん本業の”マナブ餃子”も随時オーダー受付中!(twisterracing.com@gmail.com) マナブ先生は今日もオフロードを走り、ギョーザを焼く。 [写真タップで拡大]

スキルアップドリル3:フロントを浮かせて車体を振る

ハードエンデューロレース中だけでなく、林道の行き止まりなどでの方向転換に使えるのが、この足着きフロントアップだ。

オフロードライディング|フロントアップ|テクニック|ウィリー

前編でのドリル1&2と同じく、フロントブレーキは使わずに上体を前方向に移動させる予備動作を行う。 [写真タップで拡大]

オフロードライディング|フロントアップ|テクニック|ウィリー

浮かせる時にシートの後方におしりを移動させ荷重するのがマナブ式のポイント。荷重と同時にアクセルを開け、クラッチをミートさせる。浮かせる時に行きたい方向にハンドルを少し切り、車体をほんの少し倒しておくのも大事。 [写真タップで拡大]

オフロードライディング|フロントアップ|テクニック|ウィリー

フロントアップさせた状態のまま、左にバイクを振る。浮き上がったらすぐにクラッチを切り、リヤブレーキを踏み、前輪を落とす。右に振りたい時は左足をステップにのせ、右足を接地させ軸にする。この場合はリヤブレーキが使えないので注意すること。 [写真タップで拡大]

スキルアップドリル4:タイヤ1本分振りながら360°回る

スキルアップドリル3の練習ができるようになったら、この動きを連続して行い、1周する練習をしてみよう。この時、1回で振る量はタイヤ1本分ほどだ。

オフロードライディング|フロントアップ|テクニック|ウィリー

左足を軸にしているので、反時計回転で行おう。まずは停止状態。 [写真タップで拡大]

オフロードライディング|フロントアップ|テクニック|ウィリー

右足をステップにのせたまま、左足をやや浮かせ、シートの後方に座る予備動作を行う。 [写真タップで拡大]

オフロードライディング|フロントアップ|テクニック|ウィリー

リヤサスを沈める意識でシートの後方に座り、アクセルを開けながらクラッチをミートさせる。アクセル開度はほんの少しでOKだ。また車体を左に傾けておくのも大事で、これにより左にフロントを振ることができる。 [写真タップで拡大]

オフロードライディング|フロントアップ|テクニック|ウィリー

フロントが浮いたらクラッチを切る。 [写真タップで拡大]

オフロードライディング|フロントアップ|テクニック|ウィリー

クラッチを切ると前輪は落ち、タイヤ一本分左にズレた状態でまた最初の体勢に戻る。これら一連の繰り返しで360°回る練習をしてみよう。 [写真タップで拡大]

後編では、ここまで紹介した4つのドリルで覚えた動きをフルに活かした実践技として、丸太を使ってフロントアップの感覚を養える練習と、丸太を横にまたぐ2つのドリルを紹介する。


※本記事は”ゴーライド”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース