エンデューロ&モトクロスビギナー、伸び悩みのレース派は必読!![ゴーライド]

連続丸太セクションの攻略法〈渡辺学のオフロードライディング指南|前編〉

JNCCをはじめ、ハードを含む国内のエンデューロレースでも見る機会が増えた「丸太セクション」。1本の丸太を攻略する初級の攻略法は以前掲載したが、今回は実際にレースで使用されている連続する丸太セクションにトライ。世界的ライダー・渡辺学選手によるオフロードライディング指南企画『渡辺学のスキルアップラボ』から、連続する丸太セクションを安全に攻略する基礎編〜スピードアップさせるテクニックまで前後編で伝授するゾ!!

●まとめ:ゴーライド編集部(山田晃生) ●写真:長谷川徹 ●取材協力:ウエストポイント

渡辺学のオフロードライディング指南|渡辺学|マナブギョーザ
[写真タップで拡大]

【ツイスターレーシング 渡辺学】2021年は主宰するツイスターレーシングにIBライダーが4名も揃うことから、全日本選手権モトクロスでの監督業が軸。スケジュールの合間にJNCCシリーズに参戦の予定となる本ラボ院長。サンデーライダーに好評の「ヒーローズえんでゅーろ」にもコース監修とスクールイベントで参加の予定だ。さらに本業であるマナブギョーザも随時承り中! 一度食べたらクセになる味なのだ。マナブ先生は今日もオフロードを走り、ギョーザを焼く。

今よりも成績を確実にアップさせる丸太セクション攻略

国内エンデューロシーンではすっかり定着した感のある丸太セクション。目の前に立つと壁のようにも見えるが、トップライダーは何ごともなかったかのようにスムーズに通過していく。しかし、成功の可否にドキドキしているサンデーライダーも多いのではないだろうか? 安全にクリアできる秘訣とはなんだろうか!?

マナブ先生「オフロードヴィレッジで開催されたJNCCやWEXの場合、この丸太セクションが成績アップのカギになると思います。ここでスタックすると大幅なタイムロスになりますし、クリア方法もより速いほうがいいのは間違いない。自信のない人は確実にスタックしない方法を覚えることから始めましょう。難なくクリアできる人であれば、アベレージスピードを上げる練習にトライしてください。このセクションだけでも、3~4秒は短縮できると思いますよ。モトクロスコース区間でのタイムアップはボクでも至難の業ですが、丸太セクションはそれに比べたらタイムを詰めやすいと思います。

基本動作はオフロードの丸太越えテクニックをイチから磨く練習法で紹介したテクニックと同じです。丸太のサイズが異なるだけで、応用すればいいんです。(1)スタンディングで丸太に対して直角に進入。(2)丸太を横から見て、10時のあたりに前輪を上から落とし、その反動を使ってより高く前輪を浮かせる(2度開け)。(3)後輪の通過は惰性を生かす、というのが大まかな流れです。

今回のセクションは連続しているため、次の丸太までに直角に進入する体勢と、2度開けできる余裕を作るのがまず大事。斜め進入のように不安定なままセクションにトライすると、失敗の確率が高くなります。丸太っていうだけで焦ってしまうと思います。ましてや転んでいるライダーがいて自分のラインが塞がれていたら、さらに緊張するかもしれません。でも、とにかく落ち着いて、ひとつずつの動作を確実にこなしていけばクリアできます。しっかり練習して自信をつけてください!」

ウエストポイントオフロードヴィレッジのBコースを使用

’20年のJNCC最終戦や’21年のWEX開幕戦でも使用された丸太が連続するセクションが今回のテーマ。そこで使用するセクションは、ウエストポイントオフロードヴィレッジのBコース横の丸太の連続セクションをチョイスした。

ウエストポイント|オフロードヴィレッジ|丸太セクション

現在のレイアウトは、[1]2本丸太、[2]タイヤセクション、[3]丸太のピラミッド、[4]1本丸太の3連、[5]丸太のテーブルトップ、が連続。次のコース変更があるまでは常設されているので、丸太特訓にオススメだ!! [写真タップで拡大]

[1] 2本丸太セクション:絶妙な間隔の2連丸太にトライ

簡単なようでいてイヤらしい難しさを秘めたセクション。丸太の間隔がホイールベースに近いため、ペースが速いとリズムを取りにくい。また、進入部から次のタイヤセクションまで微妙なコーナーになっているため、ラインの組み立ても重要になる。

この2連丸太セクションの攻略ポイントは、丸太に対して直角に侵入する/スタンディング/丸太の低い位置を狙うの3点。この3点を念頭に置いて、安全策の1本ずつ越えていく方法と上級者向けに飛び越える方法を紹介しよう。

丸太を1本ずつ攻略

丸太越えの基本フォームであるスタンディングで、丸太に当たった時にマシンの挙動を乱さないように、ヒザをちょっと曲げて緩め、衝撃に対応できるよう準備しておこう。丸太を越える時にヒザが伸びきっていると、不要にサスが入ってしまうからだ。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

スタンディングで丸太に対して直角に進入する。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

前輪が丸太を越えたらヒザを緩め、後輪が丸太に当たった時のジャマをしないように準備する。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

後輪が丸太を乗り越える時はアクセルを閉じ、惰性で通過させる。この時クラッチを握ってもいい。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

前輪が2本目の丸太を越えたら、ちょっとだけアクセルを開け加速させる。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

また後輪が丸太を乗り越える時はアクセルを閉じる。当然だが木は地面に近いほど太く、空に向かうほど細くなる。それを見極め、なるべく低い位置を狙うのもポイントだ。

2本の丸太を飛び越える〈上級者向け〉

1本目の丸太をきっかけに2本目まで飛び越えるテクニック。これは失敗時のダメージも大きいので、まずは1本の丸太(単独で設置されているもの)で飛ぶ練習から始めてほしい。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

セオリーどおりにスタンディングで丸太に対して直角進入だが、直前で前後サスを沈め、飛び越える準備をする。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

伸びあがるサスにアクセルをプラスする。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

前輪が浮き上がり、後輪が丸太に当たったらアクセルを戻す。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

空中では通常のジャンプと同じ。

丸太セクション|2連丸太|丸太攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

後輪が2本目の丸太に着地し、最適な体勢を作った。これ以上、飛びすぎると次のセクションの準備が難しくなるため、飛距離を最小限に抑えるのも大事だ。

[2] タイヤセクション:半分埋まったタイヤのセクションにトライ

重機のタイヤを7本並べ、半分ほどが埋められたタイヤセクション。大事なのはラインと乗り越えられるだけの惰性/車速を確保すること。タイヤとタイヤはグリップしないため、乗り越え時はアクセルを閉じた状態であることがマスト。”越えたい”と思うばかり、力んでアクセルを開けすぎると失敗しやすいで注意しよう。タイヤの頂点では止まるくらいのイメージでOKだ。

このタイヤセクション攻略のポイントは、ラインは端すぎずタイヤの真ん中を狙う/惰性で乗り越えられる速度/基本動作は丸太越えと同じの3点。この3点を念頭に置いて、タイヤセクション攻略法を紹介しよう。

タイヤセクション|半分埋まったタイヤ|タイヤ攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

リヤブレーキを踏み、さらに体勢を低くしてサスを縮めてタイミングをとる。前ブレーキを使わないのは直後にアクセルを開けるため。右手だけに2つの動作をさせると疲れやすいからだ。

タイヤセクション|半分埋まったタイヤ|タイヤ攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

直後にリヤブレーキを開放し、アクセルを開ける!! 

タイヤセクション|半分埋まったタイヤ|タイヤ攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

アクセルを開けるが、前輪がタイヤに当たった時点ではすでにアクセルオフ。

タイヤセクション|半分埋まったタイヤ|タイヤ攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

後輪がタイヤに当たってもまだアクセルはオフのままキープ!!

タイヤセクション|半分埋まったタイヤ|タイヤ攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

前輪が当たって後輪が当たるまでアクセルオフのまま。つまり、ここまで進められる勢いを前輪がタイヤに当たる時点までに作っておくのが大事なのだ。ここまでくれば万が一エンストしても復帰もイージー。

タイヤセクション|半分埋まったタイヤ|タイヤ攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

やはりタイヤ同士はグリップしないので、後輪が接地するまでアクセルを開けない。

ワンポイントアドバイス

タイヤセクション|半分埋まったタイヤ|タイヤ攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

ラインが端すぎると、万が一ストップした際に足を着くスペースを確保できない。転倒したら復帰までのロスも大きいため、両端のタイヤはラインとしては考えない。

タイヤセクション|半分埋まったタイヤ|タイヤ攻略|オフロードテクニック
[写真タップで拡大]

タイヤ間の溝を狙いがちだが、よく見れば段ができている。エンジン下部は高いほうのタイヤに接触しやすいため、段差のないタイヤの中央のラインを狙うのが安全策だ。


後編では、シングル丸太が等間隔で3つ設置された丸太セクションと、ピラミッド型やテーブルトップ型の丸太セクションの攻略法を紹介する。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報