第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

オトナが欲しくなるホンダ4気筒400だ!!

復活のCBX400F、生産準備が着々と進行中![ドレミCB400タイプX・全4色が揃い踏み]

今年の東京MCショーで発表されたドレミコレクションの「CB400タイプX」。CBX400FのスタイルをCB400スーパーフォアで再現できる外装キットだが、そのハイレベルな仕上がりに発表直後から話題沸騰、既に非常に多くの予約が舞い込んでいる。予想を上回る反響に嬉しい悲鳴のドレミコレクションだが、生産準備は着々と進行中。今回はラインナップされる全4種の外装色が揃ったとの連絡を受け、カタログ素材の撮影現場に潜入してきた。


●文:ヤングマシン編集部(マツ) ●写真:ドレミコレクション/編集部 ●外部リンク:ドレミコレクション

初見の白✕青や2型カラーが新鮮!

今回の撮影現場には、初見となる1型の白✕青外装、2型の白✕赤外装も登場し、タイトルカットのように全4色の外装キットを並べることができた。MCショーのお披露目時に展示されたのは1型の白✕赤と2型の黒✕赤だったため、初めて見る2色、特に白✕青は新鮮だ。

実物を間近に見ると、その塗装のクオリティやスチール製タンクの作り込みは、ホンダの純正品と言われても全く疑いを持たないほど。タンクやサイドカバーのストライプはドレミが製作したデカールとなるが、これも純正品と見紛うほどに薄くシャープな仕上がりを見せる。市販品のサイドカバーやテールカウルはABS樹脂製となる(ウイングテールを除く)ため、これも純正と見紛うクオリティとなるはずだ。

タンクのウイングマークは現行ホンダ車の純正品を流用しており、CBXの純正品とは異なるものの、これも言われないと気づかないほどに馴染んでいる。同様に、CBXの特徴でもあるウインカーをビルトインしたテールランプは、ウインカーの左右間隔が狭すぎて現代の法規を満たせないため、別体のウインカーを装備。さらにフロントウインカーも左右の間隔を広げているが、こちらも違和感を覚えさせない。

武浩社長が「ゼファーをFX化するキットや、CB1100をCB1100R化するキットなどで我々が培ってきたノウハウがフルに活きています」と語るとおり、製品のクオリティやデザインの仕上がり、その雰囲気に至るまで、CB400タイプXはドレミコレクションの集大成と言っていい仕上がりだ。

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F
ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

CB400タイプXとしては初お披露目となる白✕青カラー。1981〜1983年式のCBX400F・1型で展開された車体色だ。 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F-Ⅱ
ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F-Ⅱ

こちらは後継機種のCBR400F登場後、異例の再生産を受けた1984年のCBX400F-Ⅱカラー(とドレミの武社長)。F-Ⅱの白✕赤はこちらも初見。 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

CBX400Fと言えば誰もが思い浮かべるカラー、1型の白✕赤も当然ラインナップされる。 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F
ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

タンクのウイングマークは、CBX400F(左)は羽根部分がクラシカルなデザインだが、CB400タイプX(右)では現行ホンダ車の純正品を流用したモダンなものに。 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F
ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

CBX400Fが登場した1981年当時のウインカー左右間隔では現在の法規をクリアできない。そのためタイプXはリヤに別体のウインカーを追加し、フロントも左右の間隔を広げている。 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

ペイントやストライプデカールの仕上がりは非常に美しく、純正と比べても全く遜色のない仕上がり。ドレミコレクションの面目躍如だ。 [写真タップで拡大]

全年式に対応し、2種のテールと4つの車体色が選べる

ここで改めて、CB400タイプXのラインナップや製品詳細を整理してみよう。まずは装着可能な機種だが、1992年の初期型(NC31型)から2022年の最終型(NC42型)まで、30年の歴史を持つ全てのCB400SFに対応するのが当キットの大きな特徴。その中で現在、先行して生産準備が進められているのは下記の2種類となる。

①NC39前期型用(1999〜2003年式)

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

初代NC31型からフルモデルチェンジし、2バルブと4バルブを切り替えるハイパーVTECを装備、車体も一新したNC39型。2002年には吸排気系やバルタイ、点火時期などを見直したスペックⅡへと進化。 [写真タップで拡大]

②NC39後期型〜NC42型(2004〜2022年式)

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

2003年12月に登場したNC39後期型では、点火時期とバルブ切り替えタイミングを1~5速と6速で分けて制御する「スペックⅢ」へ進化し、デザインも変更。グラブバーを装備したことでシートレールの横幅が広がった。さらに2008年型でFI化し「ハイパーVTEC Revo」を名乗るNC42型へとモデルチェンジする。 [写真タップで拡大]

これは問い合わせが集中した年式を優先したためで、1992〜1998年のNC31型にも追って対応する(燃料タンクの裏板はNC31も見越した形状とされている)。また、NC39型のキットが年式で分かれているのは、2003年を境にシートレールの形状が変更され、幅広化しているためだ。

この幅広部分をクリアするため、NC39後期型以降はカスタムルックのウイングテール仕様のみとなる予定だったが、高年式車でCBX純正ルックを望む声が圧倒的に多く、ドレミコレクションでは急遽方針を変更。NC39後期以降に対応するCBX純正形状テールカウルも新たに開発したのは既報通り。全年式で純正形状のナローテールとウイングテールが選べるようになったのは素直に喜ばしい。

CB400SF全年式に対応し、ナロー/ウイングの2つのテール形状を選べるとくれば、最後に悩ましいのはカラーリングだろう。こちらは未塗装タイプと、先から触れている全4色の塗装済みキットがラインナップされる。ソリッド赤を除くCBX400F国内仕様の純正カラー全てが選べるというわけだ。

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

CBX400F・1型(1981〜1983)の白✕赤 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

CBX400F・1型(1981〜1983)の白✕青 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

CBX400F・2型(1984)の白✕赤 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

CBX400F・2型(1984)の赤✕黒 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F
ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

左がCBX400Fの純正同等形状の「ナローテール」で、右がカスタムルックの「ウイングテール」。全年式/全カラーで両タイプが選択可能。スチール製の燃料タンクを除けば、外装の素材は全てABS製なのも当キットの特徴だが、ウイングテールはFRP製となり、製作もドレミの協力ショップ・JOKER’Sが担当する [写真タップで拡大]

この外装キットには燃料タンク/タンクキャップ/左右サイドカバー/シート/テールカウルに加え、テールランプやウインカー類、フェンダーレスキットやヘッドライトステーなどの小物が含まれており、未塗装キットで33万円(税込)。塗装済みキットは+11万円(税込)で、これにはCB400SF用をCBX純正カラーにペイントしたフロントフェンダーが含まれる。

現状では未塗装キットのみ予約を受け付けており、近々このデリバリーがスタートする予定。追って塗装済みキットの予約も始まるはずだ。既にドレミには多数の予約や問い合わせが殺到しているが、多年式に対応するうえバリエーションも幅広いため、一歩ずつ確実に生産化を進めている状態。その進捗はドレミコレクションのWEBサイトを参照してほしい。

「いいとこ取り」なマフラーも鋭意製作中!

CBX400Fのノーマルエキパイのようにクロスしつつ、集合部はヨンフォアのごとく4本のエキパイが並び、さらにサイレンサーは当時流行した細身の社外品ルック・・・という、1度で3度おいしいマフラーも開発中。センタースタンドの取り付けにも対応する予定だ。

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

テールパイプ内に触媒を内蔵したJMCA認定品となる予定。ノーマルのCB400SFにも似合いそうだ。 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

ドレミコレクション・CB400タイプX撮影光景 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

ドレミコレクション・CB400タイプX撮影光景 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

ドレミコレクション・CB400タイプX撮影光景 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

ドレミコレクション・CB400タイプX撮影光景 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション|CB400タイプX|CBX400F

ドレミコレクション・CB400タイプX撮影光景 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース