第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

4バルブの新エンジンを搭載

日本導入近し?! ホンダ新型スクーター「ADV160」がタイに見参!

ホンダはタイで、都会派SUVスクーター・ADV150の後継モデルにあたる新型車「ADV160」を発表した。7月のインドネシアに続く発表で、いよいよ日本への導入も見えてきた?!



シート高は-15mmで、スマートキー/USB電源ソケット/タコメーター/トラコンなどを追加

ホンダの軽二輪SUVスクーター「ADV150」は日本でも2020年に発売され、受注限定カラーが追加されたほかには変更がなく販売されてきたが、この10月をもって継続生産できなくなることから従来型の受注を終了。インドネシアで先行発表され、次いでタイに登場した後継機種のADV160が、これに続き日本にも導入されるのは既定路線と見ていいだろう。兄弟モデルのPCX150も全面刷新でPCX160に進化しており、こちらはすでに日本でも発売済みだ。

新型スクーター「ADV160」の最大の目玉は、ホンダセレクタブルトルクコントロール(トラコンに相当)を備えた新設計の水冷4バルブ『eSP+』エンジンをPCX160に続いて搭載したことだろう。フレームもPCX160と同じく新型のはず。スタイリングもADV150のコンセプトは踏襲しながら、欧州などで発表済みのADV350のようなスッキリとしたボディラインへと更新されている。

スマートキーやテーパードハンドルバーを引き続き採用するほか、USB充電ソケットや新型デジタルメーターなども明らかに。このほか、シート高は795→780mmと低くなって足着き性が向上している。

PCX160がフレームや懸架方式の変更でモーターサイクルを思わせるハンドリングと接地感を手にしたことを思えば、好バランスだったADV150が、ADV160になることでさらなる自在な走りを獲得していることは想像に難くない。

タイにおけるADV160の価格は9万9900バーツ(日本円換算約38万6000円/10月14日現在)。タイ仕様のADV150からは1400バーツ(約5400円)の値上がりとなっているが、最近の円安傾向から日本仕様が登場する際にはもう少し(2~3万円?)上がり幅が大きいことが推察する。日本仕様の現行ADV150が45万1000円であることから、新型ADV160は47万5000円前後で登場すると予想しておきたい。その時期はズバリ今秋中だ!

ちなみに、タイでは新型フォルツァ(350)も登場したばかりで、国内ホンダがSNSで導入をほのめかしている。こちらも併せて続報をお待ちしてますよ、ホンダさん!

ホンダ|ADV160|タイ仕様

USB充電ソケットはタイプA。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ADV160|タイ仕様

ホンダスマートキーシステムを採用。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ADV160|タイ仕様

テーパードハンドルバーを採用。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ADV160|タイ仕様

ABSとウェーブディスクを標準装備。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ADV160|タイ仕様

ツインショックは従来型と同様のサブタンク付き。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ADV160|タイ仕様

シート高は従来型の795mmから780mmに。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ADV160|タイ仕様

灯火類はフルLEDだ。 [写真タップで拡大]

ホンダ|ADV160|タイ仕様

新型のフルデジタルパネルを採用したメーター。 [写真タップで拡大]



HONDA ADV160[2023 Thai model]

主要諸元■全長1950 全幅763 全高1270 軸距1324 最低地上高165 シート高780(各mm) 車重133kg■水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 156.93cc 出力未発表 無段変速 燃料タンク容量8.1L■タイヤサイズF=110/80-14 R=130/70-13 ●タイ参考価格:9万9990バーツ ●色:赤、黒、灰 ※諸元などはすべてタイ仕様

ホンダ|ADV160|タイ仕様

HONDA ADV160[2023 Thai model]MAT GUNPOWDER BLACK METALLIC [写真タップで拡大]

HONDA ADV160[2023 Thai model]

HONDA ADV160[2023 Thai model]PEARL SMOKY GREY [写真タップで拡大]

HONDA ADV160[2023 Thai model]

HONDA ADV160[2023 Thai model]MATDAHLIA RED METALLIC [写真タップで拡大]

【動画】ALL NEW ADV160 challenges the city road with a new perspective, SUV bike style.


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース