第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

カワサキZ900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈吸気系チューニング編|サブコン/エアフィルター〉


●文:ヤングマシン編集部

ラピッドバイク:最適な空燃比でエンジン性能を引き出す

イタリア生まれのFIチューニング用サブコンピューター。最もリーズナブルな「イージー」は単体のみでセッティングが可能で、空燃比をリアルタイムに最適化。空燃比に加え燃料供給操作を完全に制御する「エヴォ」や最上級版の「レーシング」は、チューニングショップを介して提供している。

ラピッドバイク エヴォ

【ラピッドバイク エヴォ】●価格:8万7450円 [写真タップで拡大]

ラピッドバイク イージー

【ラピッドバイク イージー】●価格:3万250円 [写真タップで拡大]


トリックスター:純正マップを書き換え

ノーマルECUを書き換えてレブリミットを10000rpmへ引き上げるとともに、点火時期や2次エアデバイスを制御して秘めたパワーを解放。ST-2では2次エアを物理的にカットする。

トリックスター ECUアップデートプログラム

【トリックスター ECUアップデートプログラム】●価格:9万7900円(ST-1)/16万2800円(ST-2) [写真タップで拡大]

ダイノジェット:老舗FIサブコンの最新バージョン

FIサブコンピューターの老舗、パワーコマンダーの最新バージョン。本体に2つの異なるマップを記憶して別売スイッチで切り替え可能なほか、多彩なオプションで機能拡張にも対応している。

ダイノジェット パワーコマンダーV

【ダイノジェット パワーコマンダーV】●価格:6万2030円 [写真タップで拡大]


BLR:見やすいカラー液晶画面

ブルーライトニングレーシングが開発する「i-CON III」は、圧力センサーとスロットルセンサーの情報からFIを制御。カプラーオンで装着、液晶装備で視覚的にセッティングが可能だ。

BLR i-CON III

【BLR i-CON III】●価格:6万2700円 [写真タップで拡大]


ビート:ビート特製の初期マップ入り

BLRとのコラボレーション商品。ナサートエボリューションタイプII3Dマフラーの燃料調整用として、ビート仕様のベースマップが最初から書き込み済みとなっている。i-CONIII単体でも発売。

ビート i-CON IIIパフォーマンスキット

【ビート i-CON IIIパフォーマンスキット】●価格:8万4700円 [写真タップで拡大]

ヨシムラ:理想のトルク特性をモノにする

TMS(トルクマネジメントシステム)ファンネルキットは、理想のトルクカーブを作り出すためのセッティングツール。初期セットは開けやすさを重視したもので、同社サイクロンは燃料噴射量を調整せずとも使用可能。フィルターは定番のK&Nがオススメだ。

ヨシムラ TMSファンネルキット

【ヨシムラ TMSファンネルキット】●価格:5万3900円 [写真タップで拡大]

K&N リプレイスメントエアフィルター

【K&N リプレイスメントエアフィルター】●価格:1万2100円 [写真タップで拡大]


DNA:独自技術を盛り込んだ

アクティブが扱うギリシャ製のDNAフィルターは、高い吸入効率/高品質/長寿命を基本コンセプトに、折り山の高さ/ピッチ/フィルターオイルなどにも独自の技術を投入している。

DNA モトフィルター

【DNA モトフィルター】●価格:1万7050円 [写真タップで拡大]


MWR:レースで信頼の高性能

SBKカワサキファクトリーをはじめ、世界中のレーシングチームに支持されるエアフィルターブランド。最高の吸気と適度な吸入圧力、それに音量コントロールを実現した。

MWR パフォーマンスエアフィルター

【MWR パフォーマンスエアフィルター】●価格:1万2870円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース