第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

Z900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈ラジエターガード|エッチングファクトリー/ヨシムラetc.〉

Z900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈ラジエターガード〉

●文:ヤングマシン編集部

エッチングファクトリー:国内有数の技術で製作

国内有数のエッチング技術で作られたラジエターコアガード。本体は銀/黒、エンブレムは5色から選べる。なおノーマルのラジエター本体は、’20以前と’21以降でサイズが異なるので注意。

エッチングファクトリー ラジエターガード|Z900RSシリーズ用

【エッチングファクトリー ラジエターガード】●Z900RSシリーズ用(’18-’20/’21-) ●価格:各1万6500円~1万9250円 [写真タップで拡大]

ヨシムラ:メッシュは独自パターン

独自のヘキサゴナル(亀甲)メッシュパターンを採用して、一般的な六角形型と比べて、両サイドで約11%/中央部で約26%の開口面積アップ。シルバーか酸化被膜ブラックで価格が異なる。

ヨシムラ ラジエターコアプロテクター|Z900RSシリーズ用

【ヨシムラ ラジエターコアプロテクター】●Z900RSシリーズ用(’18-’20/’21-) ●価格:各1万8150円~2万1450円 [写真タップで拡大]

ストライカー:シックなガンメタ色

スモークガンメタリックカラーで仕上げたコアガード。中央部分は細かいメッシュで飛び石や泥汚れを最小限に抑え、左右は少し粗めのメッシュで通気性を確保し、冷却効果を両立。

ストライカー ラジエターコアガード|Z900RSシリーズ用

【ストライカー ラジエターコアガード】●Z900RSシリーズ用(’18-’20/’21-) ●価格:各2万900円 [写真タップで拡大]

トリックスター:エヴァとのコラボモデル

エヴァンゲリオンレーシングのコラボコアガードが登場。バーションはネルフ/初号機の2種。ステンレスシルバー/ブラックメッキの仕上げ方で価格が異なっている。

トリックスター ラジエターコアガードEVAコラボモデル|Z900RSシリーズ用

【トリックスター ラジエターコアガードEVAコラボモデル】●Z900RSシリーズ用 ●価格:2万900円~2万3100円 [写真タップで拡大]

ドレミコレクション:シルバーと黒、どちらを選ぶ?

中央部と周辺部でメッシュサイズを変え、ドレミの”D”をあしらった高精度エッチングコアガード。’20以前/’21以降用に、それぞれシルバー/ブラックの商品を用意している。

ドレミコレクション Z900RSコアガード|Z900RSシリーズ用

【ドレミコレクション Z900RSコアガード】●Z900RSシリーズ用 ●価格:1万6500円~2万900円 [写真タップで拡大]

ビート:遊びゴコロがくすぐる

ハニカムメッシュの目が細かい中心部に、大きく”BEET”マークを配したラジエターコアガード。さらに右下には”最速”の文字もエッチングする遊びゴコロ。色はシルバー単色だ。

ビート ラジエターガード|Z900RSシリーズ用

【ビート ラジエターガード】●Z900RSシリーズ用(’18-’20/’21-) ●価格:各2万900円 [写真タップで拡大]

アーキ:左下にロゴもエッチング

0.8mm厚のステンレス材に、ハニカムメッシュパターンと”ARCHI”ロゴをエッチング。ラジエターコアの保護とドレスアップを両立する。新旧ラジエター用に、それぞれ銀と黒がある。

アーキ ヘックスコアプロテクターver.アーキ|Z900RSシリーズ用

【アーキ ヘックスコアプロテクターver.アーキ●Z900RSシリーズ用 ●価格:1万6500円~1万9250円 [写真タップで拡大]

モリワキエンジニアリング:サクラパイプがモチーフ

メッシュデザインに、モリワキのフレーム技術を連想させるサクラパイプの断面形状を採用。センター部のメッシュサイズを細かくして、保護性能を確保。シルバーとブラックが揃う。

モリワキエンジニアリング ラジエターコアガード|Z900RSシリーズ用

【モリワキエンジニアリング ラジエターコアガード】●Z900RSシリーズ用 ●価格:各1万8150円~2万1450円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース