YZF-R1/M[’15-’19]を’20以降の最新ルックに刷新するカウルコンバートコンボキット〈エイト〉

エイト|'20カウルコンバートコンボキット|'15~'19ヤマハYZF-R1/R1M

幅広いジャンルのボディパーツを開発するエイトから、’19年以前のYZF-R1のフロントカウルを、マイナーチェンジが施された’20年以降のシャープなルックスにコンバートできるコンボキットがリリースされた。

●文/写真:ヤングマシン編集部(箱崎太輔) ●外部リンク:エイト

R1/M’20モデルを完全再現し、最新型のルックスに

’15年にフルモデルチェンジして登場したヤマハYZF‐R1。6年目の’20年にマイナーチェンジし、外観も含め細部が変更となった。

その変更点で目に付くのがカウリングのデザインだ。モトGPマシン・YZR‐M1のデザインが反映され、よりスパルタンなルックスを獲得している。そこでエイトでは、旧型’15〜19モデルのYZF-R1を’20モデルのカウル形状にコンバートするキットを開発した。

エイト|'20カウルコンバートコンボキット|'15~'19ヤマハYZF-R1/R1M

【エイト ’20カウルコンバートコンボキット】キットのカウリングはFRP製(白ゲル/黒ゲルが選択可。カーボンは設定なし) ●価格:13万6400~14万7400円 ※写真のシートカウルとタンクカバーはキットに含まれない [写真タップで拡大]

その内容は、フルカウル/スクリーン/ラジエーターシュラウド右側/オイルクーラー前シュラウド/ECUホルダー/各部取り付けのステー類など。エアロダイナミクスを向上させた’20モデルのディテールを完全に再現しているうえ、取り付けに必要な全パーツが同梱されるコンボキットなので、迷うことなく注文できる。アンダーカウルについては使用環境に合わせて2タイプを用意しているのも特徴だ。

同社は’15年に現行型のYZF-R1がリリースされた直後から様々なボディパーツをリリースしており、豊富なノウハウがあるからこそ生み出せたキットと言える。エイトでは他にもタンクカバーやフロント&リヤフェンダーなど、YZF-R1用パーツを豊富にラインナップしており、オーナーには目の離せないメーカーだ。

エイト|'20カウルコンバートコンボキット

【シャープな最新R1顔をゲット】ラムエアダクトやLEDポジション灯の周辺など、よりシャープなデザインを得た’20YZF-R1。灯火類は’15~19のノーマルをそのまま使いながら、最新のYZF-R1顔にチェンジできる。ポジションランプ部分は別売ステッカーとなる(3300円)。 [写真タップで拡大]

エイト|'20カウルコンバートコンボキット

’20モデルではサイドカウルがフレームまでカバードされ、マシンの頭脳部とも言えるECUを覆う形状に変更されている。もちろん本キットにはこの形状も反映されている。 [写真タップで拡大]

エイト|タンクカバーM1type

【タンクカバーM1type】コールドプレス製法で生産され、表面/裏面共にゲルコート仕上げでベースの燃料タンクにダメージを与えない。FRP製とカーボン製がある。 ●価格:2万6400~4万1800円 [写真タップで拡大]

エイト|純正シートカウル用シート台&シートベース

【純正シートカウル用シート台&シートベース】シート座面にはレース用ラバーを採用。高さはノーマルと15mmアップの2種。写真のタンデムシートカバー(カーボン綾織)は3万3000円。 ●価格:2万5300円~ [写真タップで拡大]

エイト|'20カウルコンバートコンボキット|アンダーカウルVer.1
エイト|'20カウルコンバートコンボキット|アンダーカウルVer.2

[写真タップで拡大]

エイト|'20カウルコンバートコンボキット|純正カウル対応アンダーカウル

【アンダーカウルVer.1/Ver.2:用途に合わせて選べるアンダーカウル】Ver.1(上左)はバンク角を最大限に確保。Ver.2(上右)は触媒とのクリアランスを拡大しダクトも増設。熱がこもりやすい一般道走行にも対応したデザインだ。また、キットではないものの、ノーマルカウル対応のアンダー(左)も用意される(3万4100~6万1600円)。 [写真タップで拡大]

エイト|ブレーキダクト

【ブレーキダクト:フロントブレーキを走行風で冷却】フロントブレーキを冷却するモトGP風ルックのブレーキダクト。FRP製とカーボン製をラインナップ。RC甲子園での販売。●価格:2万6400~5万2800円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホーム個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’00年代#2〉ネイキッド編【もはやフォルムの一部。遊びゴコロ爆発!】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース