Kabuto F-17×RIDE HI

空力を味方にしたKabutoのハイエンドヘルメット【Kabuto F-17 インプレ】

F-17は6年の開発期間を経て発売されたKabutoのフラッグシップモデルだ。レースシーンで鍛え上げられたF-17は、同社の優れた空力性能がさらに高められている。サーキットでのスポーツライディングはもちろん、公道においてもその実力は体感できるという。宮城 光さんがこの最新ヘルメットをテストした!

●文:ライドハイ編集部(中澤孝志) ●写真: 長谷川 徹

一歩先ゆくエアロダイナミクスがさらに進化

Kabutoから新たに発売された“F-17”は、同社のフラッグシップモデルだ。レースでの使用を前提に開発されたもので、同社が得意とする空力性能に加え、快適性など、あらゆる面で大きな進化を遂げている。

6年という歳月をかけ、じっくりと開発が行われてきたこのヘルメットのテストを、開発段階からかかわってきた宮城 光さんがサーキットで行なった。

「Kabutoは、ヘルメットメーカーの中でも早い時期からエアロダイナミクスに注目し、開発を続けているメーカー。既存の製品もよくできているのに、F-17はそこをさらに進化させている」

F-17 は、得意の空力性能を極限まで高め、高速域における安定性を徹底追求している。

「F-17は、走行風による上下左右のブレを軽減することで、進行方向をはっきりさせる進化を遂げている。左右方向のブレは、側頭部後方にあるウェイクスタビライザーで抑制し、新たに採用された頭頂部にあるクレストスポイラーが揚力(浮き上がる力)を抑えている。このクレストスポイラーの形が弓状なのは、幅広い角度で揚力を低減させるため。直線だけではなく、コーナリング中にも効果が得られることを狙ってデザインされている。完成度は高く、F-17の安定性は走ればすぐにわかると思う」


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース