軽い、ブレない、曇らない!! Kabuto新型フルフェイスヘルメット「F-17」試用インプレッション

  • 2021/08/17
  • 【BRAND POST】Kabuto
フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17

独自のエアロダイナミクス研究を重ねるヘルメットブランド・Kabutoが、最新の空力技術をレーシングモデルにフィードバック。フラッグシップモデルとなる新作「F-17」が誕生した。

●文:谷田貝洋暁 ●写真:山内潤也 ●BRAND POST提供:オージーケーカブト

軽くて、ブレない、曇らない。3拍子揃ったフルフェイス

軽い。持った瞬間、フルフェイスヘルメットとは思えない軽さに驚く。この重さでMFJ公認、つまりレーシングスペックの安全性を確保しているという。実際に被ってみても被り心地は軽く、チンガード内側のエアボリュームも多めで息苦しさも感じない。

軽く頭を振ってヘルメットのフィッティングと重量を確認しつつ、コースイン。気になるのは、やはりカブト独自の空力性能である。まずホームストレートでアクセルをワイドオープン。第一コーナーの手前でいつもよりちょっと大袈裟に上体を起こしブレーキング。そこから一気に体をイン側に落とし込んで旋回してみる。今回走ったサーキットは一周2kmほどのコンパクトなコース。ホームストレートでの最高速は出せて150km/hほどだが、なるほどヘルメットがブレる気配はなく、コーナーの先への視線移動も非常にスムーズに行える印象だ。

また周回を重ねて感じたのはベンチレーション機能の高さだ。実は筆者、かなりの汗かき。10分もサーキットを走ればヘルメットの内部がしっとりし始め、走行会2本目には内部の湿気と荒くなった呼吸でメガネが曇り出すのがいつものこと…なのだが、なんとメガネが曇らない。シールド内側のムレた空気が滞留せず抜けていく感じがある。それでいてシールドを軽く開けた時のように、ダイレクトな風圧を感じないのがいい。あくまでムレた空気が自然に抜けていく、そんな印象なのだ。

カブトのF‐17。コイツのおかげで、いつも以上にライディングに集中できている。

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17

【Kabuto F‐17】●規格:JIS MFJ公認 ●サイズ:XS S M L XL ●価格:5万1700円 ※’21年秋頃発売予定 [写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17
フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17

[写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17
[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】ホワイト(上左) ブラックメタリック(上右) フラットブラック(左)

浮き上がりを防止するクレストスポイラー

上部にリップ状のクレストスポイラーを設けたことで、走行風による揚力発生を抑え、ヘルメットの浮き上がりを防止。また、幅広い角度で効果が発揮されるようにクレストスポイラーは弓形に配置されている。

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|クレストスポイラー

CFD(3次元数値流体解析) [写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|クレストスポイラー
フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|クレストスポイラー

[写真タップで拡大]

横ブレを防ぐウェイクスタビライザー

走行中の帽体付近の気流をコントロールし、乱流によるヘルメットのブレを防止するウェイクスタビライザー。ライダーへの負荷を軽減するカブトの特許システムである。特に高速走行時のヘルメットの安定感を高めてくれる機能だが、直進時の安定性はもちろん、首振りのしやすさも考慮されている。

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|ウェイクスタビライザー
[写真タップで拡大]

カブトのヘルメットの多くに採用されるウェイクスタビライザーは、長年にわたる研究・風洞実験を重ねたカブトの特許技術だ。

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|ウェイクスタビライザー

従来のヘルメットには渦巻き状乱流が発生する。 [写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|ウェイクスタビライザー

乱流をコントロールすることで、直進時はもちろん首振りもスムーズに行える。 [写真タップで拡大]

エマージェンシーシステム搭載

緊急時には救助者によるヘルメットの着脱が簡単に行えるようにしたエマージェンシーシステム(特許出願中)を搭載。チークパッド下部の内装ウレタンをタブで引き抜く方式を採用している。

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|エマージェンシーシステム

※緊急時以外使用不可 [写真タップで拡大]

サーキットの過酷な環境に勝つ!

ライダーの負担を軽減する快適性もサーキットでは重要だ。F-17では従来モデルのRT-33よりもさらにベンチレーション効果がアップ。直進時はもちろん、コーナリング中も走行風を積極的に取り込むようなレイアウトが採用されている。

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|トップエアロベンチレーション

トップエアロベンチレーションは、ヘルメットの浮き上がりを防止する整流効果とともに、ロゴ上部のセンターベンチレーションから空気を取り込み、内部の熱気を効果的に放出する。 [写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|ベンチレーション

下部のチンベンチレーションの開口部を大きくするとともに、上部のヘッドサイトベンチレーションを新採用。 [写真タップで拡大]

フルフェイスヘルメット|Kabuto F-17|メガネ曇り対策
[写真タップで拡大]

メガネライダーの永遠の課題=視界の曇りもベンチレーションが積極的に解消してくれる。もちろんメガネスリットも採用している。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報