KAWASAKI Ninja ZX-25R|RIDE HI

【プレイバックZX-25R Vol.2 ワインディングインプレッション】いつもブームはカワサキから。キャリアや年齢を問わず夢中になれる新パッケージ

約1年前、2020年の夏に開催されたZX-25Rの試乗会の模様を改めて紹介。まずはワインディング編をプレイバック。いま思い出してもこの時の無条件に湧き上がってくる楽しさや爽快感は鮮明に蘇ってくる。ワインディング、サーキットを問わず、いつでもスポーツできる感覚に心が躍り、高回転型4気筒のエキゾーストノートは「もっと回せ!」というエンジンの叫びにも聞こえた。ここは、カワサキだけが達した新境地。僕はそんなカワサキに最大限のエールを送りたい!

●文: ライドハイ編集部(小川勤) ●写真: 高島秀吉

スポーツバイクの世界に新風を吹き込む

九州地方の梅雨明けから3日後、僕は熊本に飛んだ。空港に降りたった瞬間に襲ってくる強い日差しに目眩を感じながらニンジャZX‐25Rの試乗会場であるオートポリスに向かう。オートポリスはカワサキが所有するサーキットで開発テストなども行われる場所だ。

空港を出発するとすぐに緑と青空に包まれる。これが日本一のワインディング天国である阿蘇だ。今回の試乗会は初日がこのワインディングを巡る公道試乗で、2日目がオートポリスという贅沢三昧。オートポリスに到着するとピットにはZX‐25Rがずらりと並べられていた。開発メンバーの顔も多く、カワサキの意気込みが伝わってくる。

僕は試乗会の前にZX‐25Rの様々な情報に目を通してきた。印象に残っているのはスペインのヘレスサーキットをジョナサン・レイが走るシーン。ZX‐25Rは、ヨーロッパでの販売予定はない。しかし、SBKのウインターテストに車両を持ち込み、ジョニーに試乗させた。普段は身体を大きくオフセットしないジョニーが全身を使って操るそのアクションが無条件に楽しさを伝えてくる。早く乗りたい! 実際に音が聞きたい! そう思ったカワサキファンも多いだろう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報