KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R ディテール写真比較【コンパクト&オフ性能アップ】

ダカールラリーにおいて最多優勝記録を持つオーストリアのバイクメーカー・KTM。そんなKTMが作るアドベンチャーツアラー「1290スーパーアドベンチャー」は、ラリーマシン作りのノウハウを存分に活用したオフロード特性が最大の強み。’21モデルは、高速ツアラー仕様の「S」とオフロード性能重視の「R」それぞれがブラッシュアップ。その違いをまずは写真で比較する。

●文:谷田貝洋暁 ●写真:山内潤也 ●外部リンク:KTMジャパン

SとRの違いはどこにある?

エンジン/フレームなどの基本性能を同じくするも、Sは”高速ツアラー”、Rは”オフ性能重視”とキャラがまったく異なる。最大の相違点は足まわりで、Sが前19インチキャスト&電子制御サスペンションなのに対し、Rは前21インチスポーク&機械式サスペンションでストロークは前後220mmを確保。足着き性が大きく異なる。また装備面では、Sのみ前走車追従型のクルーズコントロールを装備。この他にシートやスクリーンなども、Sは快適性重視、Rはオフロードを意識した装備が奢られる。

KTM 1290スーパーアドベンチャーS

【’21 KTM 1290 SUPER ADVENTURE S】■軸距1557±15 シート高849-869 車重220kg(乾燥) ■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1301cc 160ps(118kW)/9000rpm 14.1kg-m(138Nm)/6500rpm 変速機形式6段リターン 燃料タンク容量23L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70ZR19 R=170/60ZR17 ●色:オレンジ×黒 ●価格:239万円 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーR

【’21 KTM 1290 SUPER ADVENTURE R】■軸距1577±15 シート高880 車重221kg(乾燥) ■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1301cc 160ps(118kW)/9000rpm 14.1kg-m(138Nm)/6500rpm 変速機形式6段リターン 燃料タンク容量23L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=90/90-21 R=150/70ZR18 ●色:白×青×オレンジ ●価格:259万円 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS

【ライディングポジション:Sは足着き良好だ】Sはシートを下げた849mmだと両足の母指球がしっかりつく足着き性を確保。[身長172cm/体重75kg] [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーR

対して21インチホイールのRは、シート高880mmで両足のつま先は付くが、拇指球までは付かない。 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS
KTM 1290スーパーアドベンチャーR

フロントはSが19インチキャスト、Rは21インチスポークホイール。 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS
KTM 1290スーパーアドベンチャーR

前19インチキャストホールのSには、ミタスのZRレンジタイヤテラフォースRで高速走行に対応。一方、前21インチスポークホイールのRには、オフ特性重視のブリヂストンAX41を装備。ちなみに両車ともチューブレス仕様。 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS
KTM 1290スーパーアドベンチャーR

Sの電子制御サスペンションに対し、Rは機械式サス。 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS
KTM 1290スーパーアドベンチャーR

Sのフロントマスクにはアダプティブオートクルーズレーダーが装備されている。 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS
KTM 1290スーパーアドベンチャーR

シートについても、Sは快適性重視、Rはオフロードを意識した装備が奢られる。 [写真タップで拡大]

S/R共通:シャーシ改良でオフ性能アップetc.

KTM 1290スーパーアドベンチャー['21]

[写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャー['20]
[写真タップで拡大]

【シャーシ改良で無双のオフ能力発揮】今回のモデルチェンジ最大のポイントは、フレームの仕様変更。オフロード性能のキモとなるフロント荷重増加のために、ステアリングステムつまりフロント足まわり全体を車体側に15mm追い込んだのだ。結果、エンジン搭載位置/スイングアーム延長を含む大改編となったが、確実にオフロード性能はアップ。跨った瞬間に「こいつダートで遊べる!」と思えたぐらいだ。

KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R|スイングアーム
[写真タップで拡大]

【スイングアーム延長】ステム位置の変更で稼いだ15mmをそのままスイングアームの延長に活用。車体の安定性に寄与するホイールベースは変えず、前輪荷重を増やしたのだ。

KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R|ラジエター
[写真タップで拡大]

【ラジエターを左右に分割】前輪を15mm車体側に寄せる大改造のため、75度Vツインのエンジンを2度前傾させ、さらにラジエターを左右に分割することで、タイヤとのクリアランスを確保。

KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R||ハンドルまわり
KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R|タンク上の小物入れ

【エアクリーナーに簡単アクセス】キーレスエントリー機能はそのままに、タンク上に充電ソケット付きの小物入れを装備(エアクリーナフィルターへのアプローチも兼ねる)。Sはシートロックもスマートキー連動になった。 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R|メーター
[写真タップで拡大]

【7インチTFTメーター】耐擦過傷7インチTFTを新採用。

KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R|メーター
KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R|メーター

[写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R|スイッチボックス
KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R|スイッチボックス

操作系にジョイスティックを採用したことやイラスト表示により、ボッシュ系のシステムを採用するGS/ムルティ同様、直感的にセッティングが行える。 [写真タップで拡大]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R|タンク
[写真タップで拡大]

【タンクで低重心化】S/Rともに23Lの燃料容量を確保。790(現890)アドベンチャーで採用された、ラリーマシンタイプの左右分割式フューエルタンクを採用。もちろん低重心化にも効果大。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報