’21 KTM 390デューク試乗ショートインプレ 【クイックシフターがオプションで追加可能に】

'21 KTM 390デューク試乗ショートインプレッション

●文:谷田貝洋暁 ●写真:真弓悟史 ●取材協力:KTMジャパン

KTMのラインナップで一番売れてる「390デューク」は、乾燥150kgの軽量コンパクトな車体に、44psのパワフルなDOHCエンジンを搭載した韋駄天マシン。’21モデルは持ち前の元気なキャラはそのままにカラーチェンジ。加えて、なんとオプションでアップ/ダウン対応のクイックシフターが装備できるようになった(’20モデル以前は装着不可)。元来、“READY TO RACE”でスポーツキャラが強めな390デュークだが、このクイックシフターの装備でより前のめりな走りが楽しめるようになった。

KTM390デューク

[写真タップで拡大]

KTM390デューク

[写真タップで拡大]

KTM390デューク

【’21 KTM 390 DUKE】■車重150kg(乾燥) ■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 373cc 44ps/9000rpm 3.7kg-m/7000rpm ■タイヤF=110/70ZR17 R=150/60 ZR17 ●色:銀 白 ●価格:65万9000円 [写真タップで拡大]

KTM390デューク|ライディングポジション

【ライディングポジション&足着き性】シート高は830mmと低くはないが、単気筒由来のスリムなボディのおかげで足着き性はよく、踵が数cm浮くだけ。また車体も軽いおかげで支えやすい印象だ。上半身は背中がほぼ90度になる楽ちんなポジションだ。[身長172cm/体重75kg] [写真タップで拡大]

オプションの「クイックシフター+」

’21モデルの最大の変更点は、オプションで「クイックシフター+」が装備できるようになったことだ(3万3660円)。実際に使ってみると、電子制御スロットル連動のため操作感はごく自然で違和感がなく、ツーリングなどで非常に便利な機能だ。

KTM390デューク|クイックシフター+
[写真タップで拡大]

エンジンオイル点検窓の下にあるシフトセンサーが追加されたことで、クイックシフター+の装備が可能となった。

KTM390デューク|クイックシフター+
[写真タップで拡大]

頻繁にギヤチェンジが必要なミドルクラスだけに、クイックシフターがあれば、スポーツ走行はもちろんストリートでも非常に便利。

KTM390デューク|クイックシフター+
[写真タップで拡大]

クイックシフター+は、設定画面で機能をON/OFFすることも可能。リヤブレーキのABSカットが可能なのは従来通り。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報