ZX-25Rレース用超ショートマフラー〈ヨシムラ ヘプタフォースTSSレーシングサイクロン〉

ZX-25Rレース用超ショートマフラー〈ヨシムラ ヘプタフォースTSSレーシングサイクロン〉

●文:伊東康司 ●取材協力: ヨシムラジャパン

超ショートのレース用ヨシムラ

走行会などサーキットイベントや、各種レース開催も期待されるカワサキ ニンジャZX-25R。ヨシムラではグローバルなレースシーンを想定して「ヘプタフォースTSSレーシングサイクロン」を開発した(ステンレス管とチタン管の2種を用意)。

ヨシムラ ヘプタフォースTSSレーシングサイクロン/チタンサイクロン|カワサキ ニンジャZX-25R用

【YOSHIMURA HEPTA FORCE TSS RACING CYCLONE/TITAN CYCLONE】ギリシャ語で7角形を表す「ヘプタゴン」を略したネーミング通り、斬新な7角断面サイレンサーを採用。消音はもちろん、バンク角や空力にも寄与する。サイクロンがSSF(サテンフィニッシュカバー)とSTB(チタンブルーカバー)、チタンサイクロンがTT(チタンカバー)とTTB(チタンブルーカバー)。●重量:SSF5.1kg STB4.9kg TT/TTB3.7kg(ノーマルは8.6kg) ●価格:SSF17万500円 STB17万9300円 TT20万6800円 TTB21万2300円 ※公道使用不可(レース専用部品) [写真タップで拡大]

高温な地域や時期でのレースも想定し、エキゾーストパイプを可能な限り車体側に寄せ、大型ラジエターへの換装やオイルクーラーの増設スペースも確保。またエーテック社のフルカウルや、純正カウル用アンダーカウルインナートレーが装着可能。国内レースではオートポリスとSPA直入で開催される九州エンデュランスフェスタのレギュレーションに対応している。

独特な超ショートサイレンサーはネーミングの由来となるヘプタゴン=7角形で、エンドコーンはカーボン製。ちなみに既出のヘプタフォースモデルはすべて公道OKの政府認証品。ということは、ZX-25Rにもストリート用ヘプタフォースが登場するかも……だ。

ヨシムラ ヘプタフォースTSSレーシングサイクロン/チタンサイクロン|カワサキ ニンジャZX-25R用
[写真タップで拡大]

【7000から上で全域UP】ノーマルだと若干落ち込む8000~12000rpmはパワー、トルク共に大幅アップ。超高回転のニンジャZX-25Rだけに頻繁に使う回転域の増強は嬉しい限り。そのままピークまで駆け上り、オーバーラン特性も良好だ。

P250クラスに出るならコレ!

材質(ステンレス)や音量など、JP250レースの厳しいレギュレーションに対応しながら、STD比47%の軽さ(4.6kg)と最大限の出力を発揮するレーシングマフラー。サイレンサーはチタンカバーとチタンブルーカバーを用意する。

ヨシムラ R-11レーシングサイクロン1エンド|カワサキ ニンジャZX-25R用
[写真タップで拡大]

【ヨシムラ R-11レーシングサイクロン1エンド】 ●価格:19万300円~19万5800円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報