History|モーサイ

時代が早すぎた!? 30年前にスズキ驚異の「2WDオフロードバイク軍団」計画があった

●まとめ:モーサイ編集部(上野) ●写真:八重洲出版

スズキの1991年東京モーターショー出展モデルに改めて注目

1991年に開催された第29回東京モーターショー。

スズキは油冷エンジンから水冷エンジンへと切り替えたGSX-R750や、フルカバードされたレトロなデザインで話題を呼んだSW-1を披露。四輪では、軽オープンスポーツカー・カプチーノの市販版を公開した。

それら市販予定モデルに対し、二輪のコンセプトモデルは特異なテーマで統一されていた。

前後両輪の全輪駆動……クルマの四駆ならぬ「二駆オフロードバイク」押しだったのである。

キャンプを始めとするアウトドアレジャーが人気の今、クルマではSUVやキャンピングカー、バイクでも各メーカーが力を入れる「アドベンチャー」カテゴリーやホンダのCT125・ハンターカブなど、オフロードテイストの乗り物が注目を集めている。

そんな現代ならば、第29回東京モーターショーでスズキが発表した「二駆オフロードバイク」コンセプトはかなりアリな気がするのだ。(ただし、デザインは別として……)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報