サーキット復活に250はいかが?

アストライド走行会にて”スズキ祭り”シングルマシン集合!〈グース/グラストラッカーetc.〉

アストライド走行会にて"スズキ祭り"シングルマシン集合

各地のサーキットでサンデーレースが盛んだった’80年代後半から’00年前後にかけて、レース初心者からベテランまでこぞって参加していたのがシングルクラス。オーヴァーレーシングプロジェクツ主催のアストライド走行会においても、昔取った杵柄ライダー/初めてサーキット走行するライダーともに狙い目はシングルだ!!

グースが、グラストラッカーがサーキットを激走!

今から30年ほど前のこと、この原稿を担当している『モトメカニック』編集部・栗田が生まれて初めてエントリーしたサンデーレースは、ホンダCBX250SでエントリーしたNS(ノーマルシングル)2クラスだった。普段はGSX‐R1100に乗っていたので250の単コロぐらい…と甘くみていたが、ブレーキを我慢しながら入るコーナリングや、ヨーイドンで30台近くが1コーナーを目指して突っ込む緊張感は想像以上だった。

’20年11月のアストライド走行会に集まったスズキ グースのライダーは、大半がSNSを通じて知り合ったグースファンで、「親族のおさがりで…」とか「スタイルが気に入って…」などオーナーとなったきっかけはさまざま。このグループにオーヴァーレーシングプロジェクツ勤務の高田氏がいたことで、アストライドを会場としてオフ会が開催された次第。

ちなみに、グース繋がりで写真に入ってもらったゼッケン25のNさんは20年以上前に岡山国際サーキットでシングルレースにエントリーした経験があるが、その他のオーナーはおそらくグースより若手で、かつてのNS/MS2レースとは関係なくグースを楽しんでいる様子。

それとは別にグラストラッカーの仲間たちもいて、ピットはちょっとしたスズキ祭り。昔取った杵柄のライダーにとっては、サーキット復活にこのあたり、いかがでしょうか!?

グース250・N.Sさん:20年ぶりにレストアしたマシンでエントリー

20数年前の大学生時代、ツーリング用にグース350を購入したNさん。その前に所有していたGSX250Eカタナとはまったく異なるシングルのフィーリングに魅了されて近所の峠に通うようになり、その流れでサンデーレースのMS1クラスにエントリーすることに。レース自体は’01年を最後にやめたものの、250をベースにMS2レーサーを再び製作。次戦もエントリー予定とのこと。

アストライド|N.Sさん(グース250)
アストライド|N.Sさん(グース250)

[写真タップで拡大]

アストライド|N.Sさん(グース250)

20年ぶりにレストアしたグース250でエントリーしたN.Sさん。 [写真タップで拡大]

アストライド|N.Sさん(グース250)
アストライド|N.Sさん(グース250)

Nさんにとって最後のレースとなった’01年のストリートカフェトロフィーでは、350の車体に250エンジンを搭載してMS2クラスにエントリー。当時から350と250を所有していたので、今回は250のレストアも兼ねてMS2仕様に仕上げた。アストライドでは「グラストラッカーがあんなに速いと思いませんでした」と驚いたそうだ。 [写真タップで拡大]

街乗りもサーキットもグースらしく楽しむ

ツイッターのコミュニティだけで30人はいるという仲間は20代前半だが、皆グースへの愛情は深い。アストライド参加を誘ったオーヴァーレーシングプロジェクツ・高田氏は、最初のバイクがおじさんからもらったグースだったことがきっかけとなり、部品取り車の1台をサーキット専用車に改造。モトジョイ佐藤会長も350でレーサー製作に着手し、今年はさらに盛り上がる予感。

アストライド|Aクラス:T.Rさん(グース250)

Aクラス:T.Rさん(グース250) [写真タップで拡大]

アストライド|Aクラス:K.Kさん(グース250)

Aクラス:K.Kさん(グース250) [写真タップで拡大]

Aクラス:S.Sさん [写真タップで拡大]

Aクラス:T.Yさん(グース350) [写真タップで拡大]

Aクラス:K.Sさん(グース250) [写真タップで拡大]

Bクラス:H.Sさん(グース350) [写真タップで拡大]

Bクラス:O.Sさん(グース350) [写真タップで拡大]

グラストラッカー・A.Kさん:ビッグバイクとは違う難しさを実感

カワサキZ1を所有しレースや走行会に参加するA.Kさんがスズキ グラストラッカーを見たのは、スピードショップイトウ主催のデッドオアアライド。「たかが250だろ」とナメてかかっていたそうだが、いざ走らせると限られた250 のパワーを引き出す難しさに愕然。その後はモトジョイ米倉チーフの仕様に倣ってマシンを熟成させ、2台目も製作してアストライドにエントリー。Zと並行してこのクラスの虜になっているそうだ。

アストライド|A.Kさん(グラストラッカー)
アストライド|A.Kさん(グラストラッカー)

グラストラッカーに乗ってビッグバイクとは違う難しさを実感しているというAさん。 [写真タップで拡大]

アストライド|A.Kさん(グラストラッカー)
アストライド|A.Kさん(グラストラッカー)

[写真タップで拡大]

アストライド|A.Kさん(グラストラッカー)
アストライド|A.Kさん(グラストラッカー)

Aさんはこの鈴鹿ツインサーキットでZで転倒したのをきっかけに、たまたま知人が不動状態にしていたグラストラッカーでレーサー製作を開始。ちょっといじればそれなりに走れると思っていたが、キャブ/マフラー/サスペンションとモディファイを重ねて熟成。小ぶりなガソリンタンクはホンダCB50用で、シートカウルはTZ125 用をカットして装着。 [写真タップで拡大]

小排気量とナメてかかると痛い目に。250ccならではの深さに没頭

アストライド|S.Mさん(グラストラッカー)
[写真タップで拡大]

【Aクラス:S.Mさん(グラストラッカー)】Sさんが乗る赤/白のグラストラッカーは、実は上述のAさんの第1作。2人はバイク友達で、SさんもZでレース参戦しているが、もっと手軽に楽しみたいとグラストラッカー仲間になった。

アストライド|米倉孝浩氏(グラストラッカー)
アストライド|清輔星司氏(ST250)

【Cクラス:米倉孝浩氏(グラストラッカー左)/Cクラス:清輔星司氏(ST250右)】米倉氏と清輔氏の2人はモトジョイのスタッフでライダーとしての腕も確か。AS250(空冷250ccシングル)クラスの盛り上げにも尽力している。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

前のページ:記事本文に戻る
WEBヤングマシン|最新バイク情報