怒涛のパワー・スペシャルチューン[ウィズハーレー]

ハーレー ローライダーSを最新クラブスタイルカスタムで100ps超え仕様に!〈ブルズアイ〉

FXLRS LOWRIDER S ×Bull's eye

●文:ウィズハーレー編集部(青木タカオ) ●写真:磯部孝夫 ●取材協力:ブルズアイ

ハーレーハイパフォーマンスクルーザーの雄・ローライダーSが最新クラブスタイルでエクストリーム系と結びついた! カスタムショップ・ブルズアイ(愛知県)がエンジン/足まわり/インジェクションチューン。 100PS超えでウイリーもメイクか!?

最新クラブスタイルはエクストリーム系と融合!

クラッチミートした直後から怒涛のパワーがみなぎり、そのまま5000回転で100馬力をゆうに超えていく。それでもまだミルウォーキーエイト114は回転を上げていくから痛快きわまりない。

これだけのハイパワーとビッグトルクを発揮しながら、高回転でドカーンとくるハイカムとは異なり、どの回転域からもシャープに加速するから感服する。つまり、街乗りで流すときはモリモリのトルク、そしてハイスピードでかっ飛びたいときには見事に応えてくれるスペシャルチューンが施されているのだ。

FEULING(フューリング)405カム(トルク型)が組み込まれ、プッシュロッドはS&S、エアクリーナーはHPI、マフラーはスラッシンサプライ アンチリバージョン2in1フルエキゾーストとしている。もちろん、ダイノジェット パワーヴィジョンを用いたブルズアイのフルパワーチューニングで入念なセッティングが施されてフィニッシュに至ったことは、言うまでもないだろう。

ブラックパウダー仕上げのタペットカバーを入れたミルウォーキーエイト114にFEULING405トルクカムを組み込み、プッシュロッドはS&S製に換装。 [写真タップで拡大]

ラウンド型のエアクリーナーはHPI製で、ステンレス製のエキゾーストシステムはTHRASHIN Anti-Reversion 2in1マフラーとした。 [写真タップで拡大]

Dynojetパワービジョン+ブルズフルパワーチューニングで100PS超えだ! [写真タップで拡大]

しっくりとくるのはライディングポジションで、あふれるトルク&パワーに乗り手が耐えられるように、ハンドルは12インチと迫り上がり、ワイルドな乗車姿勢を形成している。

そしてマシンの個性を際立たせているのが、エンジンガードとハイウェイペグのふたつの機能を持つクラッシュバーだ。ローカルスタントライダーたちがウイリーなどのトリックを練習する際、できるだけバイクにダメージを与えないためにデザイン/設計されたものをルーツにしたBUNGKING(バンキン)製。

これが最新スタイルだ! エクストリーム系の匂いがプンプンし、これはゴキゲンだぜ!

ハンドルはLucky Daves サンディエゴバー12インチ。 [写真タップで拡大]

クラッシュバーはBung King。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

リヤサスペンションはRWD。 [写真タップで拡大]

フットペグはSpeed Merchant(スピードマーチャント)。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ナンバーレイダウンキットは一国サイクルワークス。

FXLRS ローライダーS ブルズアイカスタム [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報