いつの時代にも輝くローライダー

ダイナローライダーは狙い目絶版ビッグツイン【アスファルトカウガール中嶋真緒ちゃん所有】

ダイナローライダーは狙い目絶版ビッグツイン【アスファルトカウガール中嶋真緒ちゃん所有】

●文:ウィズハーレー編集部 ●写真:磯部孝夫 ●取材協力:フォレストウイング

’93年に登場したダイナ・ローライダー。’18年にソフテイルフレームに刷新され、オススメ絶版モデルとなった。中古市場での狙い目はロングセラーだった06~13年のツインカム搭載車。本記事に登場するダイナのオーナーは、人気ユーチューバー・アスファルトカウガールの中嶋真緒ちゃんだ!

購入しやすい狙い目ビッグツイン!!

エンジンをわずか2点のみでマウント。ラバーを介しているため、エンジンがかかっていると、ゆっさゆっさと揺れているのが見てわかる。ソフテイルのリジッドマウントフレームでは味わえない、ラバーマウントならではの醍醐味のひとつ。真緒ちゃんもそれを見るのが楽しみだ!

ダイナ・ローライダーはエンジンがエボリューション(1340cc)だった’93年に登場しているが、この先中古車市場で探すなら、ツインカム搭載後、つまり’99年式以降を選ぶのが無難だろう。

ツインカム初期、’05年まではエボ時代の車体を踏襲したままで、フロントフォークはインナーチューブ径39mmと細く、そしてレイク角が大きく付けられている。

’06年からフレームのメインチューブが剛性アップするなどし、フロントフォークのインナーチューブ径も49mmに。ミッションが6速化され、フューエルインジェクションも導入された。セパレート式だったシートは前後一体式となり、リヤホイールは16→17インチ化している。ツインカムエンジンは07年から1450→1584cc化された。

真緒ちゃんのは’11年式で、まさにこの中間期モデルに相当。完成度が高かったと言えるだろう、’13年式までのロングセラーとなり、市場でも見つけやすい。

ヘッドライトバイザーやフロントダブルディスクは備わっておらず、ローライダーらしさにはやや欠ける印象も否めないが、それは初代FXSローライダーの残像を追うオールドファンの意見なのかもしれない。タンクオンのデュアルメーターは健在であるし、クロームパーツが多用され、上質感も高い。この年代ならではの魅力は間違いなくある。

ダイナローライダーと真緒ちゃん

[写真タップで拡大]

愛車にまたがる真緒ちゃん

[写真タップで拡大]

質感の高いタンクオンメーターも魅力のひとつ [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報