FLHX ストリートグライド×HSC沼津

驚愕115PS! ストリードグライドスペシャルを1966ccにボアアップ〈HSC沼津〉

驚愕115PS! ストリードグライドスペシャルを1966ccにボアアップ〈HSC沼津〉

本記事で紹介するハーレーカスタム事例は、FLHXSストリードグライドスペシャル。ミルウォーキーエイトエンジンをSuburban Speed 120 Big Bore Kitで1966ccへ排気量アップ。T-man216パフォーマンスカムとHPI 製ハイフローエアクリーナーがセットされ、マフラーはD&D Billet Cat 2in1集合。みなぎるパワー、力強い鼓動感はもちろんサウンドも歯切れ良いこの1台、HSC沼津がチューニングを手がけた。

●文:ウィズハーレー編集部(青木タカオ) ●写真:増井貴光 ●取材協力:HSC沼津

後押しされるかのような猛ダッシュ!

これが「サバーバンスピード120ビッグボアキット」の実力だ! 総排気量1966cc、片側だけでも983ccものビッグピストンが5500回転まで一気に回り、MAX115馬力に達する。特に2500回転を超えてからが凄まじい。ハーレーらしい、後ろから押されるような強力ダッシュが味わえるのだ。

組み合わせたのは「T-man216パフォーマンスカム」。俗にいう高速型だが、低中速でもトルクの谷間がなく、乗りづらさを感じないから驚きを隠せない。

マフラーは「D&Dビレットキャット」2in1集合。HPI製ハイフローエアクリーナーが、シリンダーへフレッシュエアをどんどん送り込む。サウンドは迫力があって、シリンダーごとの爆発の粒が際立って元気ハツラツとしている。

驚愕115PS! ストリードグライドスペシャルを1966ccにボアアップ〈HSC沼津〉

[写真タップで拡大]

驚愕115PS! ストリードグライドスペシャルを1966ccにボアアップ〈HSC沼津〉
驚愕115PS! ストリードグライドスペシャルを1966ccにボアアップ〈HSC沼津〉

[写真タップで拡大]

スロットル操作に従順でリニアな反応。アクセル開度1/8の開け始めも唐突なツキを見せずスムーズに立ち上がってくれるから、ツーリングや街乗りでも疲れにくい。

よどみなく回転上昇し、パワーをみなぎらせる高速カムながら、ストリート領域でもトルクが太く、落ち込みなしにパワーが盛り上がる。そんな非の打ち所がないHXは、HSC代表取締役・佐々木綱柄氏によるきめ細かいインジェクションチューニングによって仕上がった。

チューニングデバイスは、純正ECMの中身を書き換えるテクノリサーチ社ディレクトリンクのフラッシュチューナー。純正コンピュータを使用するため精度が高く、かつ安価、トラブルも起こりにくい。

技術とノウハウがあれば正確にセッティングができ、もし不具合があればノーマルの状態に戻すのも簡単だ。115馬力の中に、技術力の高さを見たぞ!

驚愕115PS! ストリードグライドスペシャルを1966ccにボアアップ〈HSC沼津〉

[写真タップで拡大]

驚愕115PS! ストリードグライドスペシャルを1966ccにボアアップ〈HSC沼津〉
驚愕115PS! ストリードグライドスペシャルを1966ccにボアアップ〈HSC沼津〉

[写真タップで拡大]

驚愕115PS! ストリードグライドスペシャルを1966ccにボアアップ〈HSC沼津〉
[写真タップで拡大]

ミルウォーキーエイトエンジンは、Suburban Speed 120 Big Bore Kitで1966ccへ排気量アップ。T-man216パフォーマンスカムとHPI 製ハイフローエアクリーナーがセットされ、マフラーはD&D Billet Cat 2in1集合。VPクラッチが組み込まれ、テクノリサーチ フラッシュチューナーにてインジェクションチューニングが施された。みなぎるパワー、力強い鼓動感はもちろん、サウンドも歯切れよくアイドリングからうっとりする。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報