試乗インプレッション|モーサイ

圧巻の動力性能と抜群の高速安定性! KTM「1290スーパーアドベンチャーS」

●試乗レポート:モーサイ・鈴木大五郎 ●写真:山内潤也 ●編集:中牟田歩実

不整地走行に適したホイールサイズやストロークの長いサスペンション、大型のウインドシールドに大容量タンク──。そうした要素を備える「アドベンチャー」のルーツをラリーマシンに見るなら、KTMで最も「ラリー直系のマシン」と言えるのが「1290スーパーアドベンチャーS」だろう。

KTM 1290スーパーアドベンチャーSってどんなバイク?

KTM 1290スーパーアドベンチャーSは、160馬力を発揮するパワフルなVツイン「LC8エンジン」を搭載。

オフロード走行対応のABS・トラクションコントロール・ライディングモードなど多彩な電子制御システムを満載し、クルーズコントロール・セミアクティブサスペンション(電子制御サスペンション)・シート高可変機構・調整可能スクリーンなど長距離ツーリングを可能とする快適機能も備えている。

まさに、KTM アドベンチャーシリーズのトップモデルといえる存在である。

390、790、1290と排気量違いの3車を用意するKTMのアドベンチャーシリーズの中で、フラッグシップとも言えるKTM 1290スーパーアドベンチャーS。

990アドベンチャーの時代には、オフロードイメージの強かったスーパーアドベンチャーであるが、1190アドベンチャーにモデルチェンジした際にオンロード色が非常に高まったと記憶している。現在の1290スーパーアドベンチャーは、オフロード志向の強いフロント21インチとなるRモデルをラインアップすることで、このSモデルはよりオンロードでの走りにフィーチャーした印象を持った。

→全文を読む|写真×17点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報