雑ネタ|モーサイ

大排気量天国アメリカ生まれの8200ccバイク! 日本にも輸入された「ビッグカノン」に仰天

大排気量天国アメリカにはとんでもないバイクが存在する。バイクマニアの方ならば、クルマ用V8エンジンを搭載した「ボスホス」の存在を知っているかもしれない(かつて日本にも輸入された)。しかし、ボスホスに匹敵する存在がまだあった。カノンモーターサイクル社による8200ccV8エンジンの「ビッグカノン」である。

シボレーのV8エンジンを搭載したバイク、ビッグカノン

ビッグカノンを製造するカノンモーターサイクル社とはどんなメーカーなのかというと、1990年代初頭に創業を開始し、自動車用エンジンを搭載したバイクの製造を行っていたSJHマニュファクチャリング社がルーツ。1997年に生産規模を拡大するとともに、社名を変更してカノンモーターサイクル社となった。

勇ましい姿のバイクに対し、カノン=KANNONの名の由来は意外にもほほえましい。カノンモーターサイクル社を立ち上げた社長のスコット・ホー氏には「Kassi」と「Shannon」というふたりの娘がおり、その名を組み合わせたのだそう。

ビッグカノンは2000年代に少数が日本に輸入されたのみで、現在輸入は途絶えているという。一体どんなバイクなのか、2000年当時の新車試乗記事を紹介する。

→全文を読む|写真×11点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報