規制対応は当面は先送り?

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈アンダー250cc編〉

●文/まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

’21年以降、バイク新車ラインナップに大変動が起きる。欧州で’21年1月から次期排ガス規制のユーロ5が全面導入され、規制をクリアしていない車両は”絶版”を余儀なくされてしまうのだ。新型の噂を含め、どんなマシンが生き残るのか、はたまた去りゆくのか緊急予想を敢行。本記事では250cc以下・軽二輪/原付二種クラスの動向をまとめた。

アンダー250ccクラス:レブル以外はまだ当面先か

フルカウル250に遊びゴコロのある原付二種と、人気モデルがひしめくこのクラス。日本だけでなく規制が緩やかなアジア圏がメインターゲットのためか、次期排ガス対応はまだ進んでいないのが現状。日本で全面適用される’22~’23モデルあたりに注目だ。そんな中、レブル250に動きがありそう。欧州でも販売中のCRF250シリーズなどとエンジンが共通だけに、一挙リファインとなる?

軽二輪(250cc):直4とツイン、最強ニーゴーはともに残り2年?

’21 カワサキ ニンジャZX-25R/SE [ユーロ4]

ニーゴー直4がついに復活。ZX-25Rインドネシア仕様はユーロ3相当で50psなのに対し、国内仕様は吸排気系が変更され45ps。将来的な存続には残り2年で規制対応が必要だ。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【’21 KAWASAKI Ninja ZX-25R/SE】■水冷4スト並列4気筒249cc 45ps/15500rpm 2.1kg-m/13000rpm ■車重184kg ●色:黒/ライム×黒 黒×白 ●価格:82万5000円/91万3000円 ※諸元と写真はSE

’21 ホンダCBR250RR [ユーロ4]

ツイン勢で最強のCBR250RRが’21でマイナーチェンジ。心臓部は新形状ピストンで圧縮比を向上するなど徹底熟成し、3ps&0.2kg-m増を果たした。排ガスはユーロ4のままだ。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【’21 HONDA CBR250RR】■水冷4スト並列2気筒249cc 41ps/13000rpm 2.5kg-m/11000rpm ■車重168kg ●色:ツヤ消し黒 白 赤×黒/トリコ ●価格:82万1700円/85万4700円

ヤマハYZF-R25/ABS [ユーロ4]:ミニR1、’20はカラー変更で熟成

’15で国内デビューしたYZF-R25。’18でユーロ4に対応し、’19で倒立フォークを獲得した。’20はYZF-R3とも色変更のみで、規制対応が待たれる。

【YAMAHA YZF-R25/ABS】■水冷4スト並列2気筒249cc 35ps/12000rpm 2.3kg-m/10000rpm ■車重170kg ●色:青 ツヤ消し黒 ツヤ消し銀 ●価格:61万500円/65万4500円 ※諸元はABS [写真タップで拡大]

スズキ ジクサーSF250 [ユーロ4]:復活の油冷スポーツ

最新技術を注入した油冷SEP単気筒を搭載し、’20デビューしたジクサーSF250。走りも燃費も良好だ。

【SUZUKI GIXXER SF 250】■249cc 26ps 2.2kg-m ■車重158kg ●色:ツヤ消し銀 ツヤ消し黒 青 ●価格:48万1800円 [写真タップで拡大]

スズキGSX250R [ユーロ4]:実用性の高い心臓を熟成

GSR250譲りの水冷並列2気筒を改良し、H28年規制をクリアしたGSX250R。’19年の夏に新色を追加したが、ユーロ4のままだ。

【SUZUKI GSX250R】■248cc 24ps 2.2kg-m ■車重178kg ●色:青 青×黒 白×黒 黒 ●価格:53万6800円~ [写真タップで拡大]

ホンダ レブル250/Sエディション [ユーロ4]:ベストセラーはユーロ5対応間近?

2年連続で国内販売1位を記録した人気車・レブル250は、規制対応が近いと予想。新エンジンがCB250Rなどにも搭載されるハズだ。

【HONDA REBEL250/S EDITION】■水冷4スト単気筒249cc 26ps/9500rpm 2.2kg-m/7750rpm ■車重171kg ●色:ツヤ消し青 ツヤ消し銀 ツヤ消し茶/ツヤ消し灰 ●価格:59万9500円/63万8000円 ※諸元はSエディション [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250ファイナルエディション [ユーロ4]:ロングセラーがまたひとつ消えゆく

’85年の登場以来、人気のトレール車・セロー250。’18で空冷単気筒がH28規制に対応したが、生産終了が決定した。理由は排ガスに加え灯火類の認証基準変更によるもの。将来復活するとしても全面新作になるだろう。

【YAMAHA SEROW250 FINAL EDITION】■249cc 20ps 2.1kg-m ■車重133kg ●色:白×緑 白×赤 ●価格:58万8500円 [写真タップで拡大]

原付二種(125/110cc):ホンダ125系ファミリーも対応はこれから

ホンダは、グロムの空冷SOHC2バルブ単気筒をベースに、多彩な125を展開中だ。各車とも独自のフレームを採用するほか、キャラに合わせて出力特性を変更し、最適化している。’21新型グロムがユーロ5に対応したため、同系125の適合は近いと予想される。

ホンダCT125ハンターカブ [ユーロ4]:外見も走りもジックリ造り込んだ

根強いファンが多い往年のCT110をオマージュし、’21年6月に登場したCT125ハンターカブ。スーパーカブC125の心臓をベースに、アップマフラーやハイマウント吸気ダクトなど数々の専用パーツを備え、スタイルとオフロード向けの走りを磨いた。

【HONDA CT125 HUNTER CUB】■空冷4スト単気筒124cc 8.8ps/7000rpm 1.1kg-m/4500rpm ■車重120kg ●色:赤 ツヤ消し茶 ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

ホンダ スーパーカブC125 [ユーロ4]

初代スーパーカブC100のスタイルを再現。’20は新色が登場した。

【HONDA Super Cub C125】■9.7ps 1.0kg-m ■車重110kg ●色:青 灰 黒 ●価格:40万7000円 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125/ABS [ユーロ4]

50cc版モンキーの後継として’17に登場。’20で黒を追加した。

【HONDA MONKEY125/ABS】■9.4ps 1.1kg-m ■車重107kg ●色:赤 青 黄 黒 ●価格:40万7000円/44万円 ※諸元はABS [写真タップで拡大]

ホンダ スーパーカブ110 [ユーロ4]:前回はほぼ新設計で乗り切った

国民的バイクの110版は’18で空冷単気筒を全面改良。さらに2つの触媒などでH28年規制に対応した。2年後の規制はキビしそうだが、ホンダならきっと…!

【HONDA SUPER CUB 110】■109cc 8ps 0.87kg-m ■車重99kg ●色:青 黄 白 ベージュ 緑 紺 ●価格:28万500円 [写真タップで拡大]

スズキGSX-R125 ABS [ユーロ4]:グローバル車だけに続投の可能性アリ

フルカウルに前後17インチ、パンチのある水冷単気筒を装備するGSX-R125。’20年6月に兄貴分と同様の記念カラーを追加した。欧州ほか各国に展開されており、規制対応を期待できそう。

【SUZUKI GSX-R125 ABS】■124cc 15ps 1.1kg-m ■車重134kg ●色:青×銀 青 白 黒 ●価格:39万3800円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報